松虫の長屋 -3世代が暮らす北向き長屋フルリノベーション-

124人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

北向きの四軒長屋の中央二軒のフルリノベーション。 ご主人のお母さん、ご夫婦と二人の子供が暮らす。




1階には水回りと各寝室。中2階に母専用のリビング。光庭に開かれたLDKは、子供室を兼ねるロフトと繋がる。また、元界壁にはボルダリングを施した。



2階リビングの5段下がったところに中2階がる。この部屋は、お母さん専用リビング。ご家族の友達が遊びに来た時、丁度良い距離感が5段なのでは、という奥さんとの会話から出来上がったもの。うるさ過ぎず、一人にせず。そんな気づかい、愛情を空間にした。


 



ロフトは、子供専用の空間。おもちゃが、リビングに出てこないのが兎に角嬉しいと、奥さんに言って貰った。



そして、環境を大きく改善したのが光庭。階段下にも空間があり、裏の路地へと繋がっている。夏には、ここから路地で冷やされた風が入ってくる。床にあるアクリルの床も、階下に光を落とすためのもの。



洗濯を一手に引き受けるお母さんのリクエストは、広い物干し。快晴のもと、ハルカスを眺めるこの光景を、イメージしてプランを練っていった。「こうしておけばよかった、という所は全くありません」と言ってもらった。北向き四軒長屋の中央二軒に光と風を導いたフルリノベーション。



私も、ほぼやり切ったという気持ちです。

一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

written by 一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ