木の浴室を実現しやすいハーフユニットバス

43人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

木の浴室を実現しやすいハーフユニットバス(豆知識サムネイル)

ハーフユニットバスという浴室形式をご存知でしょうか?

簡単に言うと、通常のユニットバスの下半分を製品化したものです。

在来形式の浴室に比べて、多くのメリットがあります。

・防水工事が不要(コストダウン) ・最近のユニットバス同様、排水溝の清掃がしやすい構造になっている ・カラリ床などの仕様を取り入れているタイプもある

また、フルユニットバスに比べても、多くのメリットがあります。

・腰壁から上の部分の仕上げを自由にできる  (たとえば、木の壁や天井を実現することができる) ・浴室と洗面所の間の壁も自由にできる  (たとえば、ガラスの窓で仕切ることもできる)

つまり、ユニットバスの施工性・機能性を取り入れつつも、在来形式の浴室のように仕上げは自由に選べるのが、ハーフユニットバスなのです。
奥山裕生/奥山裕生設計事務所

written by 奥山裕生/奥山裕生設計事務所

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ