暮らしの裏方を支える洗面室

173人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

住まいを構成する部屋の中で、LDKを筆頭に寝室、子供室などの居室は居心地を良いようにつくるのが通例です。




一方、トイレを始め、洗面や浴室はその機能を満たし、使い勝手さえ悪くなければ… ということで、居心地や利便性を高める工夫を求められることがあまりありません。




しかし、せっかく設置するこれらの部屋。快適な暮らしを営む上でより重要な役割を担わすことができれば!と思い、設計した洗面室をご紹介します。




まずは平面図から







玄関と隣接させたこの洗面室。 土間でつながったエリアへは靴でも出入りできるプランになっています。




こちらはその完成写真です。







・床が土間仕様タイル貼りなので、洗濯後の室内物干し場として最適

・明るく、戸外風なインテリアは室内ガーデンとしても利用できる

・玄関から室内を経由せず、掃出し窓を通じ浴室に直接入り込める

・外部で使用するものを仮置きできるため、玄関が散らかりにくい




以上、まさに居心地の良い暮らしの裏方を支える“洗面室”のご紹介でした。






☆☆ 作者情報 ☆☆

住まいと暮らしをデザインするをコンセプトに、設計監理業務を行っています!

    Tagu Design Studio

和み癒しの家づくりをお考えの方はこちらのページをお役立てください!

    和モダンの家づくり「スローライフな暮らしを営むために…」

 


 

田口秀樹/Tagu Design Studio (株)

written by 田口秀樹/Tagu Design Studio (株)

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ