子供部屋を考えるときに覚えておきたいポイント

61人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


お家を建てるときに考えなければならないポイントとして 今お子様がいらっしゃる方はもちろんですが


これからお考えの方にとっても、 「子ども部屋」というのはそのレイアウトなど よく考えなければならないところですよね。


そこで今回は子ども部屋を考えるときに 覚えておきたいポイントについてご紹介いたします。


まず一つ目は子どもの成長に合わせたレイアウトを考えることです。 子どもというのはもちろん年月と共に成長します。


身長も変わりますし、色などの好みも変わるかもしれません。

そこでその子どもの成長に対応できるような部屋作りは とても重要なのです。


子ども部屋に最も必要で大切な家具。

それは学習机ですよね。 学習机は高校生、またはそれ以上まで使うことに なりますので、サイズ調節可能な物を選ぶ必要がございます。(もちろん椅子で調節する方法もありますね。)


ですから、いくら子どもがほしがったとしても 極力キャラクターものなどは避けましょう。


そして次に壁紙の色です。

壁紙の色は子どもの成長に大きな影響を与えるようで

なんと部屋の壁が茶色や黒のようなダークカラーで育った子は IQが平均よりも10ポイント以上低いというような結果もございます!


ちなみにIQを高めるのは黄色やオレンジ、ライトブルーなどの 明るい色だそうですよ。

子ども部屋にはたくさん気をつけるべきことがありますね。

頭の良さにも関わってきますから、慎重に決めましょう。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ