子供部屋は最小限のスペースで

336人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

子供部屋を大きく取るのは家族団らんのスペースを圧迫すると同時に、独立して巣立った後、不要な部屋が増えてしまうという問題があります。子供が勉強するスペースをいっそうのことリビングにしてみてはいかがでしょうか?
ダイニングで勉強すれば、個室よりも意外に集中できるものです。私は小さい頃、子供部屋を与えられたにも関わらず座卓を居間の隅に配置し、自分の勉強コーナーを設けた記憶があります。なんだか落ち着いて勉強に集中できたのですね。勉強する場所はダイニングテーブルでもいいですし、パソコンコーナーのような一角でも構いません。個室をコンパクトにした分リビングやダイニングを広くすることができます。これには、子供の様子がいつも見ていられるというメリットも生まれます。広く豊かな団らんの空間を作ることにより、さらに家族が集まる相乗効果を生み出すと考えます。
澤崎麻子/アトリエ・アルコ

written by 澤崎麻子/アトリエ・アルコ

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ