効率を上げるキッチン~1ゴミ箱の場所

132人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

キッチンのプランニングに関しては、与条件、ご希望、設計者の考えによって、色々手法があります。
ここでは、もう少し踏み込んだ細かい計画について、ご紹介します。

皆様、キッチンのゴミ箱の場所、困ってませんか?
一般的な、キッチンに向かって後ろに造り付け食器棚があり、その下部の収納を抜いてゴミ箱を置く、という計画。
スッキリ納まって見えますが、そのキッチンが対面型やアイランド型である場合、ダイニング側からゴミ箱が見えることがあります。
また、調理の際、ゴミを捨てるとき、振り返るという動作が必要です。
その際、ゴミから滴る液のような物が床を汚してしまうこともあります。

そこで、キッチンセットの下(シンクの真下)の収納をなくしてしまい、
その空いた部分にゴミ箱を置く方法はいかがでしょうか?
その場合、キッチン下の収納が減ります。
代わりに、背面の従来ゴミ箱を置くスペースとして用意された部分を全て収納として利用すれば、
全体の収納量は減りません。もともと、シンク下は奥行きが深いため、収納としては使いにくい側面もありました。

調理の際、ゴミをスマートに捨てられる上、居室からはキッチンの下が見えないことが多いので、
根野菜の仮置き、ゴミ袋の収納、いつもキッチンカウンターの出しっぱなしの食器の水切りを置くスペース等、
工夫次第で、様々な使い方が出来ます。

完璧にスッキリしている部分と、少々雑に収納しても気にならない部分を、
死角を利用して上手く組み合わせることが、いつでも美しいキッチンのプランニングのコツだと思います。
松田祐光/生空感建築研究所

written by 松田祐光/生空感建築研究所

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ