優良な土地を手にいれるために

102人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


 


優良な土地を手にいれるためには地域密着型の業者に依頼し、地層を調べるなどの土地の調査を行い、時間が経っても変わらない土地を見つけたいものです。


 

自己所有の土地に家を建てる場合と賃貸住宅で暮らす場合とでは、住宅を選ぶ基準に大きな違いがあります。


 


賃貸住宅を借りる場合は都心からの交通の便や買い物などの利便性だけを考えて選んでもなんら支障がありません。


 


しかし、自己所有の場合の土地選びでは、その土地の安全性が最も大切な用件となります。


 


土地は通常絶対的に存在しているものと考えられますが、河川の氾濫や津波、噴火といった災害によって土地そのものがなくなるか、宅地としての価値を失ってしまう場合も残念ながら発生します。


 


時間が経っても変わらない土地を見つけるためには、その地域のことを知り尽くした地域密着型の業者に依頼し、土地を探してもらうのが一番です。


 


その地域の過去の災害や町の状況を歴史的に知っている業者は土地探しにはなくてなならない存在です。


 


洪水が頻繁に発生する地域と、地震に弱い地盤の地域の多くは重なることが地盤工学的に知られています。

優良な土地を手にいれるためには地域密着型の業者を活用すべきです。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ