使い勝手の良い収納とは?

18人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


 家の中で快適な生活を送って行くために、さまざまな箇所に収納スペースを設けることを考える人は多くいるでしょうが、見よう見まねで何となく収納スペースを設けると、そのスペースが上手く機能しないことがあるものです。


 

そういったことにならないようにするためには、大事なポイントを押さえつつ、収納場所を選択していくことが大切です。


例えば、ロフトを設けると言う方法があります。

ロフトは使い勝手の良い収納スペースの一つで、生活している空間の上部に存在しますから、変に生活感が出なくて済みます。

普段必要としない、使用頻度の低い物は、まとめてロフトに入れておくようにすると良いでしょう。


逆に、普段よく使用する物をロフトにしまい込んでしまうと、当然使う度に面倒なことになります。

ですから、使用頻度の高い物に関しては、使う場所の近くに収納しておいた方が便利なものです。


例えば、食べ物であれば、非常食でもない限り、キッチンの近くに置いてあった方が便利です。

ですから、食品庫を勝手口とキッチンの間に配置しておくと、スムーズに生活できて良いものです。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ