レイソルサポーターが柏に建てた家

90人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


千葉に住むクライアントが、大阪のアトリエに見えたのは2012年の9月。



家族全員が熱烈なサッカーファンで、かつプレーヤーでもあります。



「リヴァプールは夢、レイソルは生活」  ご主人は、イングランドプレミアリーグ、リヴァプールを現地まで応援に行くほどでした。



レイソルとは勿論柏レイソル。 スティーブン・ジェラートらが所属する、リヴァプールのホームスタジアムが Anfield。レンガ、スチール、ガラスで構成された外観をみて、家を建てるならあのような外観にしたい、と考えるようになったのです。



予算1800万円。中庭があり、浴室から直接でたい、自らの隠れ家がほしい、長期優良住宅、サッカー練習場……どんな時でもそうですが、夢は無限に広がるのです。








 中庭は、高い壁に囲まれたバルコニーとなり、浴室から直接出入りできる。雪の日は雪見風呂も実現できたとのこと。 LDKを2階とし、天井高さは約4mのの20畳の一室空間。





隣接するロフトはご主人の書斎であり、長年集めたお宝グッズが飾られるサッカーミュージアムでもあり。





玄関すぐ脇には作業室。これは奥さんがミシンや、電動のこぎりを使って、趣味の工芸をする部屋となっています。壁は奥さんの手による漆喰塗りで、アンティーク雑貨が並ぶのです。




 数ヶ月に一度、ここで気の合う仲間と、ワンデイショップを開くのです。 家を建てる動機は本当に様々。



家族の愛するチームと共に、この街で暮らしたい。趣味を生活の中心にしたいという強い意思が、この家をこの金額で実現に至らせました。




お宝グッズ



ロフトからリビング



玄関横、作業室



浴室からバルコニー



バルコニーから浴室



リビング



ダイニング


 

一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

written by 一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ