リフォームとリノベーションは何が違うの?

31人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


 


最近、リノベーションという言葉を良く聞くようになりました。


従来は壁紙を張り替えたり、間取りを変更することをリフォームと呼んでいましたが、最近では多くの業者でもリノベーションという言葉を多く使うようになっています。

では、このリノベーションとはリフォームとはどのように異なるのでしょうか。


リノベーションとリフォームの違いは、端的には費用が異なる点にあります。

リフォームは一般的には壁紙や内装の一部を変更する程度で、それ程費用が掛からないものを指すことが多いのですが、リノベーションの場合には基本的な構造の軸となる柱等を除いて大幅に変更を加えることを指します。

マンションなどでは従来は部屋の間取りを変えるような変更は殆ど行われなかったのですが、最近では壁を取り外したり、柱の位置を変更したりといった大幅な変更を行うことも多くなっています。


リノベーションが普及した背景には、建築技術の向上が大きな要因です。

従来の考え方では柱は絶対に取り払ってはならないものでしたが、最近ではリノベーションしたのちの問題を事前に高い精度で知ることができるようになり精度の高い事前設計が行えるようになったことが要因となっています。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ