ベランダガーデニングのテクニック

137人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


ベランダガーデニングって難しい。


そう思われる方は多いかもしれませんが、ちょっとしたテクニックを使えば手軽にきれいなお花を楽しむことができます。


 

ベランダガーデニングで誰もがぶつかる問題は、スペースの問題です。

しかし、狭くてもラックを使えば段差が付くので、少しのスペースに沢山のお花を置くことができます。


 

ベランダの家事動線との兼ね合いが難しいという方もこの方法や、ベランダの柵にぶら下げるハンギングバスケットなどを試してみてはいかがでしょうか。

スペースをとらなければ、家事動線の邪魔になることはありません。


 

注意事項ですが、ハンギングバスケットは外向きに付けると水やりの時に下の階の方に迷惑がかかってしまうことがあるので気を付けましょう。


 

そして最後に、きれいなお花を一年中見るためのテクニックがあります。

それは、秋口から冬にかけて気温が気になる場合は温室を設けることです。


 

最近は、ラックなどの上からかぶせるだけという温室など簡単に設置できるものが増えています。

ぜひ利用して、一年中きれいなお花を楽しみましょう。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ