ベストな温度環境

78人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

ほとんどの建物は空調設備設計といって換気とエアコンの計画をしますが、特に住宅については建物内気候という視点で計画をしています。

 

このことに関してだけに絞って、私個人的にもっともおすすめなのがコンクリート躯体に外断熱をして躯体蓄熱式の暖房と補助的にエアコンの組み合わせです。建設コストやデザインなど納まり的なことには大変になるのですが、ランニングコストは比較的低く(自然エネルギーをつかえば更に低く)建物内は年中春や秋のような中間期的気候を実現出来ます。

 

上手く機能したそのような家は猛暑の夏や極寒の冬に帰宅したときに本当に素晴しいと思えるはずです。
柳田英一/タイムシップ柳田建築計画室

written by 柳田英一/タイムシップ柳田建築計画室

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ