パッシブソーラーハウスとは

115人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

パッシブソーラーハウスとは


・ソーラーハウスならわかるけど ソーラーハウスって太陽熱で暖房するって事でしょ・・・・


まあ、およそ合ってます(笑) じゃあ「パッシブ」というのはどういう事?パッシブというのは、受動的、受け身という意味ですね。 つまり、機械装置には出来るだけ頼らずに、太陽の恵みを建築的に制御して利用する住宅と言うことになります。


 


・でも、暖房だけの話ではありません


ソーラーハウスというと、ソーラー=太陽ですから、もっぱら太陽熱による暖房だけを 思い浮かべるかもしれません。もちろんそれがメインなのですが、 太陽に限らず、風や植物など自然の力を最大限生かして、冬の暖房だけでなく 四季を通じて快適な環境を作り出そうというのがパッシブソーラーハウスです。 ですから最近は「パッシブデザイン」という言い方が多くなってきており、確かに その方がより的確に内容を表していると言えます。


 


・具体的な手法


では実際の建物ではどのようになるのでしょうか。


 太陽:冬は味方、夏は邪魔もの、冬の陽はできるだけ取り入れ、夏は遮る。 これは、 適度な深さの軒、庇を出すことが基本です。


 風:季候の良い時期は空調しなくても通風で十分です。風の通り道を しっかり計画す ることが大事です。


 植栽:南や西に落葉樹を植え夏の日除けに、また木陰の涼しさを上手く 室内に取り込 む工夫もあります。心理的な快適さというのも大事ですね。


 地中熱:一年中安定している地中の温度を利用する方法もあります。 その他いろいろ な引き出しを持っていて、適材適所で使い分けることも必要です。


 


・基本は高気密高断熱


自然の力を効率よく利用しようと思えば、如何に少ないエネルギーで済ませるかという事が基本になります。つまり高気密高断熱が必須になります。長期優良住宅、認定低炭素住宅等の基準である次世代省エネ基準は 最低条件になり、出来ればそれ以上の性能がほしいところです。

浦田義久 篠崎素子/SUR都市建築事務所

written by 浦田義久 篠崎素子/SUR都市建築事務所

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ