シーリングライトの選び方

6人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


陽が落ちて、部屋に自然光が入らなくなると、シーリングライトの出番です。


種類によって明るさや色、機能が異なりますから、適切に選ばなければいけません。


一番大事なのは、部屋に合った明るさとデザインにすることです。


例えば、書斎のように本や書類を読む場所であれば、はっきりとした明るさがあったほうが良いですし、料理を囲むダイニングであれば温かみのある電球色がつくシーリングライトが最適です。


また、個人の好みも反映されるべきですが、年齢によっても違いがあり、若い人は明るめを好む傾向があるのです。

とはいえ、高齢者となれば、目が悪くなって若い人には十分すぎる明るさでも、暗く感じられることもあります。

そのことを選ぶときに考慮しておくと、家族全員が快適に暮らすことが出来ます。


それから欲しい機能がついたものを選ぶことも必要です。

明るさや色の調節が手軽にできるものや、タイマー機能など、使う場面、ライフスタイルにあわせてみるのです。


例えば、共働きの家庭で、夜になっても家に誰もいないとなれば、暗くて防犯の面でも心配です。

そんなときに留守番用のタイマー機能があれば、毎日同じ時間になったら照明がつくので安心です。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ