キッチンをリノベーション〜対面キッチン〜

68人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


キッチンをリノベーションする際に、キッチンにどのような種類があるか知っておくべきです。


人気の高いタイプの一つに対面キッチンというものがあります。

対面キッチンとは、リビングに向かって設置されるキッチンのことで、大きな特徴はリビングの方を向いて作業が出来るので、家族とのコミュニケーションがとりやすく、小さな子供がいても目が行き届く開放的なキッチンのタイプです。


室内の真ん中に設置されるので、間取りの制約を受けにくいといえます。

メリットも大きいですが、デメリットもあります。


フルオープンの対面キッチンは誰からも見える状態にあるので、いつもきれいにしておく必要があります。

整理整頓が難しい場合は手元の見えにくいカウンター式の対面キッチンにする方法もあります。

また対面キッチンでは、部屋全体に料理のにおいが広がりやすいというデメリットがあります。

リノベーションする際には匂い対策が必要です。


対面キッチンは壁際にあることで得られるメリットも多くある場合があります。

例えば、コンロ部分を壁側につけ壁側から排気することで、においがこもりにくく速やかに排気することができるということです。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ