キッチンをリノベーション〜セパレートキッチン〜

14人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


 


 キッチンにはいくつかのタイプがありますが、その1つにセパレートキッチンがあります。


セパレートキッチンとは、シンクとコンロを別々に設けたタイプとなり、丁度、アイランドタイプとI型やL型の壁付けのキッチンの特徴を合わせ持った形となります。


メリットとしては、シンクとコンロが分かれているために複数で作業しやすいことや、レイアウトによっては作業スペースを多く設けられることがあります。

また、壁に向かっての作業することも可能となっているために、食事を作るにも集中して行うことができます。


セパレートキッチンではプランを行うにあたって、十分な動線計画をすることで非常に機能的なキッチンスペースやダイニングスペースを作ることができますが、デメリットとしてあげられることは、ある程度の面積が必要になるということです。

さらに、ダイニングスペースを同時に設ける場合には食事中の目線等に関しても考慮をする必要があり、小さな空間などでは逆効果となる場合があります。


また、シンクとコンロの移動に手間がかかることがあり、他にも、食器や料理の移動で床を汚してしまう可能性があることもデメリットとなってきます。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ