ガレージをすっきり見せる

13人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


ガレージは雨ざらしの駐車スペースを使っている人からすれば是非とも欲しいものです。


しかし日本では単なる屋根付きの車庫にしてしまいがちです。


余裕を持った大きさにする事ですっきりと見えるようにできます。

そうすることによって様々な作業をガレージ内で行う事ができ、有効なスペースとして活用する事が可能です。


海外ではガレージセールといった生活のスペースとして使われる事も珍しくありません。

日本では海外に比較すると広いスペースを取れないケースが多いのでラックを設置して収納するなど、スペースを上手に利用する必要があります。


ロフト風に天井に収納スペース作成する事によって立体的に物を置く事ができ、ガレージを物置き状態にする事を防ぐ効果があります。

また古い棚や勉強机などを置けば作業台として使う事も可能です。

しかし手軽に購入できるメタルラックは錆びやすいため良くないでしょう。

ガレージは家屋ほど防水性に優れてはいませんので、錆が発生すると保管していた工具なども同様に錆びてしまうからです。


ガレージを作る際に予め木製のロフト棚を設計に入れておくと良いでしょう。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ