板貼りのあしらいで際立つ外観

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
外壁の一部に板材を貼ることで外観がグッとおしゃれに。建った後で見れば、デザインとして必然に見えるものも無数の選択肢から選ばれたもの。縦貼り、横貼りともにその建物にふさわしく、美しく見えるのがデザインの妙。今回は、外壁の一部に板貼りを取り入れることでモダンでシャープな印象となった美しい住まいをご紹介します。

片流れのモダンな外観を引き立てる板貼り

片流れの屋根と1階の水平な庇のバランスが美しい外観。さらにアクセントとして、褐色の板貼り壁がそれらを引き立てています。縦貼りされた一枚板が、建物にスマートさを与えていますね。この板貼り壁の左右に大きく開いた1階は和室になっています。掃き出し窓を引き込めば、開放的な広縁のある和室に。和室の壁も天井も無垢板で仕上げられており、外観とのつながりも感じられます。腰壁まで銅板が貼られた和室は、かなり個性的。その個性が、外壁の板貼りによって外観にも醸し出されている住まいです。

板貼り壁が重厚に重なり合う家

立体感とリズム感のある外観に、レッドシィダーの板貼り壁が重厚感を与えています。4つの黒いフレームが重なり合うデザインは、とてもスタイリッシュ。1段目はビルトインガレージ、2段目は玄関、3段目と4段目にはリビングダイニングや水回りや個室が。建物内側には、プライバシーを確保しながらアウトサイドを楽しめるテラスバルコニーがあり、外観から想像する以上に明るい室内が広がっています。室内も外壁と同様のレッドシィダーを一部に取り入れることで、住まい全体として洗練された印象を与えています。

1、2階が相似系の板貼りの外観

縦貼りの板材と、建物を囲うような形状の軒が特徴の住まいです。1、2階の軒・板貼り・窓の配置が相似系で、建物全体にリズミカルな印象があります。また、囲まれ感のある2階のテラスバルコニーは、十分な広さで多目的に利用できそう。スッキリとした外観からは機能的な住まいが想像できますが、そのイメージ通り、全館空調、高気密高断熱仕様の超高性能住宅となっています。室内も回遊動線を取り入れたり、多数の造り付け収納を配置することで、住みやすいレイアウトとなっています。スクエアな外観と板貼りの色合いが印象的な住まいです。

リゾート的雰囲気のある板貼りの住まい

板貼り壁によって、まるでツリーハウスのような外観の住まいに。半地下になったガレージ扉と2階の壁に貼られた板壁と白い壁とのコントラストが美しいですね。転落防止の黒いアイアンの柵もアクセントに。1階のガレージ上はテラスになっており、優雅なリゾート的な雰囲気も感じます。まるで都会の中にあるオアシスのようです。屋根形状に特徴があり、外観全体がシャープな印象になっています。ペットを飼うご家庭とのことで、室内床はタイル仕上げに。白いタイルと板貼りで仕上げられた大人なリビングのある住まいです。

造形が美しい板貼り壁のある外観

スクエアな造形が美しい住まいです。正面から見ると全体が箱型形状になっているように見えますが、建物後方に向けて片流れの屋根形状になっていて、その形が玄関横にあるエントランススペースの屋根形状と呼応しておりデザイン性をより感じさせます。白とグレー基調の外観の、一段奥まった場所全面に貼られた寄木デザインの板壁が、大変美しく印象的です。勝手口ドアも壁同様の板貼りなのもおしゃれですね。ゆとりある敷地に悠然と建つ住まいです。
外観の一部に板貼り部分があると、まず視線がそこにいくことで、建物の個性を強く印象付けます。また、その他の部分とのコントラストにより、外観のデザイン性も際立ちます。注意点としては、天然木を外壁に貼る場合、経年劣化を楽しめる一方、メンテナンスのことも考えておく必要があります。定期的なメンテナンスを行うことで耐久性だけでなく美しい色合いを保つことができます。耐久性の高い部材を選定したり、塗装による保護を行ったりと様々な選択肢があるので、長期的に美観を保てるものを選びたいですね。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer hotagos