隣りは何をする人ぞ。秋の夜長は自宅で至福の趣味ざんまい。

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で趣味に没頭するなんて現代では少数派と思いきや、知識も道具もネットですぐに手に入れることができる今だからこそ、プロもびっくりの腕前を披露してくれる一般人の多いこと。また、その人たちの自宅ときたら趣味とは言えないくらいに充実した設備で整えられています。自宅が一番楽しい場所。自分が生き生きとできる場所が身近にあるなんて、なんて素敵で贅沢なことでしょう。秋の夜長はもちろん一年中没頭していたいですね。

スタイリッシュにロードバイクを愉しむ

環境に優しく渋滞に巻き込まれないなどの理由で自転車で通勤する人や、瀬戸内海のしまなみ海道など日本有数の観光名所をロードバイクで走る人達が増えています。いざという時、アクシデントに遭遇しないように日頃の手入れは大切ですね。また、安い物ではないだけに保管場所も大切。そんな愛車をお宅ではどのように保管していますか。写真のお宅のように立体的に収納すると、スペースの節約にもなりますし、オブジェのようで見た目も素敵です。

とことん浸れるシアタールーム

薄型テレビが普及して画面がどんどん大きくなり、ほとんどのお宅で大画面でテレビや映画を観られるようになっています。さらに誰にも邪魔されず自分だけの世界に浸りたい場合には、写真のようなシアタールームはいかがでしょうか。完全防音になっているので、雑音が入らず音もクリアです。また室内の音も外に洩れないので、楽器の練習にも、もってこいの部屋です。画面の幅が室内の幅なので、映画に集中したい人にはおススメのレイアウトです。

インテリアコートは奥様とペットの隠れ家

ガーデニングが趣味の奥様、自宅の中にもインテリアコート(温室)を造られました。熱線反射の建具で囲われた温室はいつも緑がイキイキ。夏季には建具を折り畳んで全開放することもできますから暑さもこもりません。一年を通して快適な温度を保てるので、奥様のみならずペットにとっても居心地の良い空間になっています。季節や体調によっては外でのガーデニングが出来ないこともありますが、室内の温室なら365日24時間楽しめますね。

趣味を超越したDIYスペース

DIYをただの「日曜大工」と言うなかれ。ホームセンターやネットで簡単に道具が手に入れられる今、職人さんも真っ青になるくらいの器用な人が増殖中です。そんな人達の自宅に必要なのは「作品」を作るための作業場と増えていく道具を整理するための部屋。このお部屋の魅力は道具がすぐそこにあるので、作りたい時にいつでも作業できること。お休みの日に庭先に道具を広げて作業しなくても良いのです。寝食を忘れて没頭しそうですね。

侘び寂びの時間が流れる和室

茶道を嗜む人は皆さんご希望として家に茶室を持ちたいと言う思いがあるでしょう。茶室があればいつでもお稽古ができますし、ちょっとしたおもてなしの際も喜ばれます。炉を切るというと、とても大掛かりなことのように思われるかもしれませんが、少し床を高くすれば可能ですし、水屋も床の間の横のスペースに作ることが出来ます。この二つのしつらえがあれば、がぜん、本格的な茶室らしい仕上がりになりますね。和室離れが進んでいますが、伝統的な茶室を見ると日本の侘び寂びを感じ、背筋がしゃんとします。

愛車がすぐ側に居る幸せ

車好きの人にとっては、いつでも愛車が側にあって眺められるなんて最高の幸せですね。最近若者の車離れが進んでいるという話をよく耳にします。しかしその反面、車を愛する人の間では「ディスプレーガレージ」を希望する人が増えています。写真のお宅、ガレージと大理石床のエントランスホールとがガラス張りでつながっている空間はまるでディーラーのショールームのようです。さほど車に造詣の深くない私のような者でも美しいと感じます。

パパは厨房が大好き

男子厨房に入らずなんて言葉は今や死語。お料理やお菓子作りが趣味という男性が多く、お料理教室にも男性の生徒さんがとても増えているとか。男の人はすぐに飽きるということがあまりないようなので、機器類もほとんどプロ仕様。すぐにでも商売ができそうな感じ。そのうえ悔しいことに腕前も半端ではない。写真は和菓子作りが趣味のお父さんのためのカウンターキッチン。こちらは山荘ですが、ご自宅でも奥様顔負けの腕前を披露しているのでしょうか。

家族全員でセッション

家族全員が音楽ができるなんて、なんて素敵で羨ましいこと。通常自分の楽器は自分の部屋で保管するという家庭が多いと思いますが、そうなると、それぞれの部屋に保管のための場所や、ピアノのような重量のある物になると床に補強が必要だったり、ある程度の音が出る場合には防音にも気を使います。このお宅のようにひとつの部屋をその場所と決めておけば、工事もひと所だけで済みますし、楽器以外の物がないので収納にも神経質にならずにすみますね。

ガレージはゴルフ練習場

ゴルフの練習場があるのは地下のガレージ横。こんな施設に恵まれていたらお子さんのプロデビューも夢ではないかも。またご覧のとおり、この場所はゴルフだけでなく色々な趣味の部屋として活かされています。お施主様が手作りしたスピーカーがあるということは、プロジェクターを設置すればシアタールームに早変わり。いつでも自宅でロードショーが開催できます。使用目的をひとつに決めてしまわずにフレキシブルに使える空間があるととても便利ですね。

リビングでもトレーニングできちゃう

今大人気のボルタリングの練習場をリビングに作ってしまいました。カラフルな色合いのホールドが壁にインパクトを与えて良い感じのインテリアになっています。施工会社と事前に何個も模型を製作しながら検討を重ねたそうです。リビングは吹き抜けになっているので閉塞感はなく、ボルタリングウォールを登っていくと、上部のロフトに上がれるという粋な設計です。大人も童心に還ってチャレンジしたくなりますね。

澄んだ空気の中で星空独り占め

都会では夜の空を眺めてもあまりたくさんの星は見えませんが、空気が澄んだ場所では四季を通じて満点の星が見える場所がたくさんあります。八ヶ岳の麓に住むお施主様は自宅に天体観測ドームを作ってしまいました。しかも本格仕様です。凝りにこったうえに、建物の外観は、窓を星座の形に配するという徹底ぶり。バルコニーも眺望が良く、ドームに上がらなくても星降る空をすぐに眺めることができるようになっています。

自宅で一杯の至福

この酒部屋は、造り酒屋を回るのが趣味というご主人のたっての希望のお部屋。広めの廊下程度の板張りの上に半畳の畳を2枚。壁は消し炭色、天井はよしずを海老茶に塗り仕上げるという凝りよう。元々お持ちだったのかこの部屋のために探したのかアンティークな茶箪笥が一層の渋さを醸し出しています。丸い座卓にはやっぱり日本酒が一番似合いますね。こんなお部屋で飲みなれていたら、もういい加減なお店では満足できなくなってしまいますよ。
子供達に子供部屋があるように、大人には書斎や家事室と「ひとり」になるための部屋がその時代に応じて求められてきました。現在希望が多いのが趣味室。ひとつの趣味をつきつめる方もいれば、とにかくあれもこれもと関心のあることにとりあえず首を突っ込んでみる人も。そんな趣味の物をまとめておけて、多少散らかしてもお母さんが鬼の形相にならない安全地帯。光陰矢のごとし、人生はあっという間に過ぎてしまいます。寸暇を惜しみ自宅でレッツ、チャレンジ!

関連まめ知識

関連Q&A

2016年01月25日投稿 デザイン・設計手法 料理が趣味のご主人のためのカウンターキッチンについて (回答数1)
ライター/writer さんたまる