美しい軒のある家

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
美しい軒のある家は、デザイン的にも機能的にも洗練された印象があります。それらの住まいのタイプは様々で、縁側のある和を感じさせる住まいもあれば、モダンで美しい住まいもあります。また、アウトサイドリビングとして利用するウッドデッキにかかる軒は、日常の生活でも非常に活躍します。そこで今回は、深く長く伸びる軒を中心に美しい軒のある住まいをご紹介します。

平屋にかかる長く連なる深い軒

床がコンクリート仕上げの室内につながる深い軒のある住まいです。駐車場とLDKはガラス戸で仕切られてはいますが、一室にもなる開放的な室内。その空間に軒が南北に長く伸びています。軒に使われている構造材が太くしっかりしたものなのは、この住まいが屋上緑化を採用していることも関係しているのではないでしょうか。建物全体がナチュラル木質のテイストで、屋上の緑と相まってとても癒やされる表情の住まいになっています。住まう人の遊び心を感じる住まいですね。

いつまでもくつろいでいたくなる縁側

軒先を低めに抑えた勾配の緩やかな屋根が特長の縁側を持つ住まいです。ガルバリウム鋼板を採用した瓦棒の屋根デザインが広くゆったりとした空間にとても似合っています。外壁・屋根ともに黒でまとめられた落ち着きのある外観と室内の明るめのスギの内装のコントラストがとても美しく感じます。間口も奥行きも十分で、モダンな和を感じさせる贅沢な空間です。縁側の奥には和室と洋室がありますが、どちらの部屋にも合うところが全体デザインの良さなのでしょうね。南側に広がる庭も開放的で、一度座るといつまでもくつろいでいたくなりそうです。

ウッドデッキを覆う美しく実用的な軒

低く深く設計された軒は、見た目に美しいだけではなく、西日を遮る働きをしています。ウッドデッキの手すりは太くしっかりしているので、天気の良い日に布団を干すのにちょうど良さそうです。また、十分な奥行きがあるので、雨天時でも洗濯物を干せるようにもなっています。明るめでナチュラルな色合いのウッドデッキと白い軒天と壁のガルバリウム鋼板の組み合わせがとても爽やかな印象です。このデッキは寝室からもつながっており、里山の高台という立地に建っているという事もあるので、寝室からの眺めは格別でしょうね。

夕景に映える美しい軒

室内の照明と外灯に照らされ夕景に映える軒のある住まいです。空へ伸びる大きな軒や軒を支える斜めの構造材がこの建物の外観の特徴となっています。大きなガラス窓や開口があり、見た目にも開放感を感じる建物です。この軒には、壁面緑化用のワイヤーが吊り下げられています。植物が成長すれば、大開口から入り込む夏の日差しを緑のカーテンが遮ってくれることでしょう。モダンで斬新なデザインと自然が融合する美しい軒のある住まいです。

パーゴラと一体化した深い軒

深い軒とパーゴラに守られたウッドデッキエリアです。広いリビングと大開口でつながるアウトサイドリビングスペースになっています。光と風を感じながらも、室内のような囲まれ感のあるスペースですね。ウッドデッキ材の天然木の色合いも美しく、軒やパーゴラに使われている、少し淡いい色の木材との相性も抜群で、洗練された空間に仕上がっています。勾配なくストレートに伸びるスクエアでスッキリした印象の美しい軒です。
深く長い軒は、夏場の高い日差しが室内に入り込むのを防ぎ、冬場の長い日差しを室内に
取り込むことができるメリットがあります。その形状自体に住まいを快適にする要素をもっています。また、デザイン的にも魅力的で、軒に使う素材や勾配の緩い屋根などの選定により伸びやかで落ち着きのある空間になります。事例を見ていると、モダンでスクエアな住まいが人気な一方で、和を感じる深く長い軒のある住まいにはその対極としての価値を感じますね。

関連まめ知識

「軒」・「庇」をオススメします。 2014年02月19日投稿 住宅設備 「軒」・「庇」をオススメします。
平屋建物の空間特徴について 2014年08月15日投稿 住宅設計 平屋建物の空間特徴について

関連Q&A

ライター/writer hotagos