強烈な日差しから家や家族を守るためのアイデア集

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の強烈な日差しは、ただ単に暑いといっただけではなく紫外線も気になりますよね。紫外線はフローリングや家具の日焼けの原因にもなるでしょう。
また、強い日差しを直接家の中に入れてしまうとエアコンの効率も悪く電気代にも影響します。
夏の暑さや日差しは自然のものなので排除することは不可能ですが、家の中だけは健康的で省エネを意識した暮らしをしてみませんか。
今回は、強烈な日差しから家や家族を守るためのアイデアを紹介します。

深い庇と大きな木の葉で日差しをシャットアウト

庭とリビングのつなぐウッドデッキは、アウトドアリビングとしての機能を果たしています。
深い庇と大きな木の葉のダブル効果で、強い日差しをシャットアウト。暑い夏でも、エアコンばかりに頼らずに済むでしょう。
涼しくなった夕方はウッドデッキに出て夕涼みをしながら、家族との団欒も楽しめるのではないでしょうか。
また、子ども夫婦や孫といった大人数が来たときにも、アウトドアリビングがあればリビング空間を広く使えるといったメリットがあります。

開放的なハイサイドは日射対策を忘れずに!

部屋中、明るく解放的な気分になれそうなハイサイドはとても魅力的です。家の中に居るだけで、晴れた日の澄んだブルーや風情のある雨の日といった空の様子を感じ取れるでしょう。また、春夏秋冬といった季節ごとの様子も楽しめますね。
そんな素敵なハイサイドですが、流石に何もしなければ夏の強い日差しをダイレクトに受けてしまいます。
夏は、必ず日射対策を怠らないようにしましょう。
こちらのお宅では、白い布をご自分で掛けて日射対策しています。

グリーンカーテンで癒やしと日よけのダブル効果

強い日差しからの遮蔽と育てる喜びを味わえるダブルの効果があるもの、といえばグリーンカーテンでしょう。
また、グリーンカーテンは電力を使用しないため、エコや省エネにもなり一般住宅はもちろんのこと、役所や学校といった公共施設も積極的に取り入れています。
グリーンカーテンは、主につる性植物を絡ませたものを指します。
たとえば、生育が旺盛なヘチマや食べる楽しみもあるゴーヤ、また花を愛でて楽しめる朝顔や夕顔といった、さまざまな植物がありますよ。

細かい光の調整はバーチカルにおまかせ!

南側を全面FIX窓とトップライトを組み合わせており、かなり解放的な気分になれるお宅です。
大きな窓は魅力的ですが、やはり日差し対策が気になりますよね。そのようなときには、カーテンといったウィンドトリートメント類が重要になるでしょう。
高さのある窓は、縦ラインを意識させるバーチカルブラインドはいかがでしょうか。
バーチカルブラインドはカーテンのように左右に開閉でき、なおかつ光の調整をスラットと呼ばれる羽で微調整できます。

屋外レジャーが楽しい!オーニングテント

日よけや雨よけを意味するオーニングテントは、光を遮ることは当然のことながらホームパーティーや屋外レジャーも楽しめます。
サイズも大きなオーニングであれば、雨の日でも屋外で使用可能ですよ。
オーニングには、さまざまなカラーバリエーションやデザインも豊富なため選択の幅が広いといった特徴があります。
そのため、おしゃれなものも多く、海外にあるような素敵な外観の住宅に近付けることも夢ではないでしょう。
毎日が暑くても、心地よく暮らすためのアイデアが意外にもたくさんありました。エアコンだけに頼らずとも、夏を涼しく過ごすことは可能でしょう。
また上記の事例以外にも、UVカットや冷房効果を助ける機能が付いたガラスフィルムを貼るといった方法なども考えられますね。
家の中というのは生活していく上で重要な場所です。
夏は暑いから仕方ないと諦めるのではなく、家や家族を守るための工夫を考慮しましょう。

関連まめ知識

「軒」・「庇」をオススメします。 2014年02月19日投稿 住宅設備 「軒」・「庇」をオススメします。
エアコンのいらない暮らし(1) 2014年06月20日投稿 住宅設計 エアコンのいらない暮らし(1)
パッシブデザインとは? 2016年11月10日投稿 住宅設計 パッシブデザインとは?

関連Q&A

2015年01月19日投稿 エコ・温熱環境 屋上緑化・壁面緑化 (回答数6)
2015年07月12日投稿 デザイン・設計手法 庇のデメリット・メリット (回答数9)
ライター/writer megumi,taki