エコハウス~大それたことではなくても、出来ることはあります~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
【省エネ住宅】【エコハウス】など、最近ではよく耳にする機会も増えてきたこのワード。
でも実際、具体的にはどのような設計の住宅をそのように呼ぶのか。それは施工の時点でソーラーパネルをつけるなどの大掛かりなエコもあれば、屋内の少し元気のない観葉植物を、自然光を浴びさせて復活させるというようなささやかなものまであてはまります。

きっと、CMなどで聞こえてくる【地球にも住人にも優しく、結果的にお財布にも優しい】と言ったようなフレーズたちは、【自然を敬い、共存する意識】から生まれたのかも。

私たちは知らず知らずのうちに【エコハウス】な生き方、取り入れているのかもしれません。

エコの代表格、吹抜け

窓を大きくすることで、日照をたっぷりと取り込むことの出来るリビング。自然と人が集まりそうな空間は、この大きな窓と吹抜けから生まれました。

空気の循環と開放感が魅力の吹抜けは、エコハウスの代表格と言っても大袈裟ではありません。また、地中熱を利用することで、一階と二階の温度差を無くすことを可能にしました。
更にはこちらのお宅、太陽光発電もしています。

ランニングコストはかなり低めです。自然の力を取り入れた、人間もおおらかに暮らせる住まいです。

注目度右肩あがりの「地熱利用」

東京の中でも、寒暖差が大きい八王子。その土地で、環境にもお財布にも優しいエコハウスが誕生しました。そのキーとなるのが「地熱」です。

地熱を家の中に取り入れ、家中に均等に循環させることで、朝も夜も快適な温度で過ごすことが可能に。温室効果ガスが発生しない発電方法なので、環境にもとても優しい地熱。

ちなみに私の知り合いも、去年地熱を家に取り入れたそう。地熱のおかげで、例年の冬よりもかなり快適に過ごせたと言っていました。

じめじめよ、さらば。

トイレを個室として見た場合。他の部屋に比べるとかなり小さい。なのに水を扱う場所。なんとなく、トイレにじめっとした印象を持ってしまうのは、そういった理由があるからなのかもしれません。

でも、もう大丈夫。トイレにも使える、湿気を調整し臭いまで抑えてくれる【エコカラッド】の存在が、これまでのトイレの印象を変えることになりそうです。

一部にエコカラッドを採用したこのトイレ。これからは、名称通り「カラッと」した快適な空間が、トイレの扉の先には待っているはず。

自然と共に暮らせる住宅

設備でエコをかなえる方法もあれば、素材でエコをかなえる方法もあります。こちらの住宅は後者の方。自然素材を沢山採用し、家そのものが呼吸をするようなエコハウスが出来上がりました。

床・天井は「パイン素材」、リビングの壁は先程ご紹介した「エコカラッド」、そして2階のホールには、「無垢材」を。

たくさんの木の香りに包まれたエコハウス。長く住む家だからこそ、使用する素材はこだわりたいものです。

幸せのカタチ

自分の庭で収穫した野菜たちが、その日の夕食に並ぶ。それが当たり前だった時代を超えて、いつしかそれは、エコと呼ばれるようになりました。その原因は、土地の広さだったり、土いじりをする時間のないほどの忙しさだったり、様々です。

でもやっぱり、いつかは原点回帰するもの。昔の人が当たり前にやっていたこと。それが、実はかけがえのない「幸せのカタチ」のワンピースということに、私たちは無意識のうちに気づき始めているのかもしれません。
どんな風に暮らすかを決めてみると、意外と楽しかったりするんですよね。私は今、マンション住まい。ですので地熱や太陽発電といった大それたことはできません。でも、ささやかながらベランダでシソとローズマリーを育てています。今年は、ナスや小松菜に挑戦しようかと目論見中。

【楽しみながら、快適に】

それがいつしか、地球にも人間にも優しい「エコな暮らし」に繋がっていくはず。

関連まめ知識

天然無垢テーブルは意外にお手頃! 2013年12月27日投稿 インテリアコーディネイト 天然無垢テーブルは意外にお手頃!
ベランダガーデニングのテクニック 2016年11月16日投稿 インテリアコーディネイト ベランダガーデニングのテクニック

関連Q&A

2014年06月01日投稿 エコ・温熱環境 吹き抜けの暖房効率について (回答数3)
2014年06月12日投稿 エコ・温熱環境 エコハウスって? (回答数3)
2017年01月09日投稿 エコ・温熱環境 断熱材について (回答数5)
ライター/writer midori