狭小住宅こそ、吹き抜けで空間を豊かにする!

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたがもし、都心で狭小住宅を作るとしたら、どんな家にしたいですか?リビングも出来るだけ広く、寝室や子供部屋も最大限作れるだけ有効なスペースを作りますか?限られた土地に建てるんですから、それも一つの答えと言えますね。
でも今回は、限られたスペースに敢えて部屋を作らず、豊かな空間が完成した、そんな例を見ていきたいと思います。

素材選びで、より広がりを感じる吹き抜け空間

建物の中央に配置された階段室。一番暗くなりがちな空間ですが、階段を見上げた先にはトップライトが設置されています。また、階段室のホール部分をグレーチングという、透ける素材で作ることによって、トップライトから入ってきた光を一階まで通すことが出来ます。建物の中央から光を取り込むことによって、建物全体が明るくなりますね。

吹抜けに掛けられた廊下を通ってバルコニーへ

最上階に設置された和室。吹抜けを挟んでルーフバルコニーが見えます。この距離感は、空間を程よく区切る仕掛けとなり、和室の特別感が演出される効果と言えるのではないでしょうか。ルーフバルコニーに面した大きな窓とからは吹抜けを通して一階まで自然光が降り注ぎます。また、和室から吹抜けを通ってバルコニーに出る廊下も格子状になって、デザインされた光を室内に取り込んでくれるのでしょう。

小さいスペースだからこそ、ダイナミックな吹抜けが活きる

吹抜けを作ることによって何が得られるかというと、一つには縦の広がりです。
このお宅もスペースは小さいながらも吹抜けを設置したところは、天井高4.5mにも
なるそうです。実際に有効なスペースを増やすことは難しいですが、気分的に
スペースが増えたような、豊かな気持ちを感じることは、こうした工夫次第で、可能
なんですね。

ルーフバルコニーと相性の良い、吹抜け

ルーフバルコニーに面した吹抜け。全面開口部となっているので明るい光が建物内部全体まで届きます。吹抜けがあることによって、有効に使える床部分は減ってしまいますが、建物の構造を利用して、壁一面に施された収納。収納力抜群の、使える空間になっています。屋上には水盤が施されていて、その一部がアクリルガラスになっています。これで水の動きを感じるような、揺れ動く光が階下まで届いて、なんとも贅沢な照明装置のような働きをしています。
狭小住宅の中に、敢えて吹抜けを作った家の数々。どれも豊かな空間でしたね。暗い、狭い、といった、狭小住宅のマイナスイメージが、吹抜けを作ることによって明るい、広がりを感じる、開放感、といったプラスのイメージに変われるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

関連まめ知識

快適な狭小住宅を建てるには? 2016年12月26日投稿 住宅設計 快適な狭小住宅を建てるには?

関連Q&A

2014年06月26日投稿 新築 リビング内の階段について (回答数6)
ライター/writer amodanca