住まいの贅沢!開放的で美しい平屋住宅

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
美しく佇む平屋住宅には惹かれるものがあります。敷地に余裕があれば、住まいの選択肢として平屋住宅を検討する場合もあるかと思います。また生活のしやすさから、終の住処として平屋住宅を望む方もおられるかもしれません。
平屋住宅に求めるものとして、一体感のある開放的な空間、コンパクトな動線、土間のある和の生活スタイルが似合う住まいなどが思い浮かびます。そこで、今回は平屋のメリットを生かした、ある意味贅沢で開放的で美しい平屋住宅をご紹介します。

板張りの壁の囲まれた緑溢れる庭のある平屋住宅

モダンで美しい板張りの平屋です。囲まれ感のある建物からは想像できないほど、室内は明るく開放的です。その理由は、この板張りの壁と居室の間に、緑溢れる庭が配置され、その上部から太陽の光が降り注いでいるからです。
柱のない広く大きなリビングは、外観のすっきりとした雰囲気をそのままに、非常に洗練された空間となっています。大きな窓を通して庭を望む贅沢な空間は、間仕切りで仕切ることにより来客にも対応できます。訪れた人は、きっと想像以上の開放感に驚くことでしょう。

余裕のある敷地に建つ、質感とデザインにこだわった平屋住宅

外壁の色合いに落ち着きと自然な風合いを感じます。中心にある木目調のルーバーが水平に伸びる建物をよりすっきり見せています。ルーバーはこの裏にある玄関ドアの目隠しとなっています。夏、玄関のドアを開けて風を通したい時に役立ちます。機能性を兼ね備えた美しいデザインです。
軒部分は内装の天井と同じ木目で仕上げられています。訪れた人がそれに気づいた瞬間、空間が広がるような印象を受けるのではないでしょうか。シンプルでモダンでありながらどこか懐かしさを感じる、平屋のデザインにこだわりたい人必見の住まいです。

12畳分のウッドデッキスペースを持つ平屋住宅

L字型の平屋の場合、部屋に囲まれた外部エリアをどう活かすかが重要なポイント。こちらの住まいでは、その部分に畳12枚分のウッドデッキを設け、どちらの部屋からもアクセスできる広大な遊びのスペースを作り出しています。部屋と外をつなぐこの中間スペースがあることで平屋は格段に自由になります。
二階という重量物がないため、大開口が取りやすいことも平屋の大きなメリットです。すべての窓を開けるだけで、あっという間に開放的な気分に。外での食事も気軽に思いのままですね。

ダイニングに大きなトップライトのある平屋住宅

無垢材と漆喰をふんだんに使った、自然素材に囲まれて暮らせる住まいです。ダイニングの天井には、やさしい月明かりが射しこむトップライトがあります。平屋では二階がない分、比較的場所を選ばずトップライトを設置することができます。この住まいもそのメリットを生かしています。
またこれだけの大空間でも、木造でありながら気になる柱がなくすっきりとしているのは、SE構法のなせる技でしょう。部屋と部屋が広い間口でつながる、平面的な開放感は、二階建てよりも平屋にこそ望まれるものかもしれませんね。

テニスの練習ができる室内空間のある平屋住宅

テニスの壁打ち練習ができる空間のある平屋の住まいです。リビングの隣にこんな空間があれば、ちょっとした時間でも体を動かす気持ちになりそうです。また、お孫さんたちが遊びに来れば、ここで思い切り走り回ることもできます。「おじいちゃんおばあちゃんの家には体育館がある!」と友達に言っても不思議ではありませんね。
天井の形状も特徴的です。これは方形屋根・垂木構造を生かしたデザインで、その形状は屋根の外観にも表れています。リビングは大開口で中庭につながり、空間全体が開放的な雰囲気になっています。
柱の少ない広い空間を持つ平屋には大きな自由度があることを感じます。また、広いアウトドアリビングとつながる大開口のある平屋も魅力的です。平屋の魅力は、空間と空間の繋がりの中にあると言えそうです。デザインにこだわった開放感のある平屋住宅は、住まいづくりの贅沢な選択肢ですね。


重量木骨の家
選ばれた工務店と建てる木造注文住宅
www.mokkotsu.com

関連まめ知識

平屋のメリット 2014年08月09日投稿 住宅設計 平屋のメリット
「平屋」が成立する条件 2014年08月15日投稿 住宅設計 「平屋」が成立する条件

関連Q&A

ライター/writer hotagos