空間を最大限生かす。コーナーを極めた家

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
書斎や家事のスペースが欲しいという方は多いもの。ただ、そのために一部屋取ろうとするのは難しいという場合もあります。
部屋数が取れなくても、工夫次第でいくらでもスタディコーナーや書斎コーナーを作ることは可能です。
また、敢えてコーナーにすることでストレスのたまらない関係を築くという場合もあります。そんなコーナーを極めた建築例をいくつかご紹介します。

リビングの一角にしつらえた書斎コーナー

リビングの一角に書斎コーナーを確保。天井まで壁でふさいでしまわず、本棚も兼ねた間仕切りで軽く空間を区切っただけなので、家族の気配を感じながらそれぞれが自由に自分の時間を過ごすことができます。ピクチャーウィンドウから見える外の緑で、より一層明るく広々とした印象になっています。
書斎として一部屋取るのは難しくても、このようなコーナーであれば可能になる場合は多いもの。ちょっとした工夫で快適なスペースが生まれる例です。家族の気配を感じながら、子供が勉強をするスタディコーナーにもおすすめです。

階段の上は暖かくて心地よい寺小屋コーナー

吹き抜けに面した明るいスペースは、廊下にしておいてはもったいない。そんな階段上のスペースが、部屋のような部屋でないような…用途を限らない寺子屋的な机を置いたコーナーになりました。
自由な使い方ができるこのようなコーナーは、自然と子供たちの遊び場や勉強場所になります。
吹き抜けの2階部分なので冬も暖かく、リビングからも目が届くのが嬉しいですね。

子供部屋とリビングをつなぐスタディコーナー

子供部屋とリビングをつなぐ位置にあるコーナー。吹き抜け部分のらせん階段を囲むように配置されたリビングと子供部屋をつなぐスペースに設置されています。
子供は自分の部屋で勉強するよりも、家族の気配を感じる場所で勉強するのが好きなもの。こんなコーナーが子供部屋の隣にあれば、子供が宿題をしたり、親子で並んで好きなことをしたり、コミュニケーションの場にもなりそうです。壁はマグネットペイント仕上げなので、絵や写真を飾るのにもぴったり。ミニギャラリーとしても使えます。

スキップフロアから家族を見守るお母さんのためのコーナー

ほどよい距離感でつかず離れず…子供に邪魔されずに子供の様子を見ながら家事や趣味に専念できるのは理想的。
スキップフロアに作ったこんなコーナーは、子供が遊ぶ様子を見ながら好きなことができるのがメリットです。
用途を決めないコーナーは自由に使える重宝な場所。時には子供の遊び場になったり、家族の気配を感じながらアイロンがけやミシンで洋裁をする場所になったり。お母さんにとって嬉しいコーナーも、ちょっとした工夫で作り出すことができます。

程よい距離感を保つスタディ&ドレッシングコーナー

スキップフロアをうまく利用し、上半分は寝室、下半分はスタディ&ドレッシングコーナーにした例です。
寝室とスタディスペースが同じフロアにある場合に比べ、ほどよい距離感を保つことが心地よく、お互いにストレスをためないことにつながります。壁面のくぼみを利用しているため、机の上は広々とした印象。本や小物などを置くのにもぴったりです。デザイン的にもすっきりとして優れています。

廊下に設置された便利な多目的カウンターとスタディコーナー

吹き抜けに面して設けた、開放感のある多目的カウンターとスタディコーナー。目の前にはキャットウォークがあり、猫と人、それぞれが好きな場所で好きなことができる、自由な空間です。
区切られていない部屋のようなこの広々としたワークスペースは、実は廊下。ワークカウンター上部に設置されたバーには洗濯物を干すことも可能です。乾いたらカウンターでたたんだり、アイロンをかけたりできるのは動線上もとても楽。干してある洗濯物も吹き抜け上部であるため目立ちません。

子供部屋の隣に作ったプレイコーナー

左の少し高くなった位置に見えるのが子供部屋。プレイコーナーとは1mの段差があります。こんな段差や小さな階段が子供は大好き。ジャンプして飛び降りたりよじ登ったり、スキップ階段を駆け上ってぐるぐる走り回ったり。楽しそうに遊ぶ姿が目に浮かびます。工夫次第で自由に遊べるこのような空間は、秘密基地的な楽しみも。
また、ステップフロアを利用したプレイコーナーと階下のリビングの空間が緩やかにつながっているため、遊んでいる子供とリビングにいる大人との間に自然と会話が生まれ、目も届くため安心です。
コーナーの良いところは、程よい距離感。つかず離れず、孤独でもなく邪魔にもならず。そんなコーナーはまだまだ多くの可能性を秘めています。子供が独立した後など部屋の使い方の変化を考えると、自由に目的を変えられるコーナーというのはとても便利なスペースなのです。
スペースを有効活用できるだけでなく、例えば少し廊下を幅広く取ることで家にゆとりも与えてくれるのではないでしょうか。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer okunaga