デザイン性も重視した猫にも人にも優しい住まい

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
猫を飼っている人にとって、いかに飼い猫のストレスを減らすかは大問題。一方、猫に振り回されて人がストレスを感じることもあります。また、猫が心地よく過ごせるように配慮するあまり、デザイン性が損なわれるのも避けたいものです。双方が心地よく、ストレスフリーで暮らせる、猫にも人にも優しくかつデザイン性も高い住宅を集めてみました。

猫にとっての秘密の隠れ家的なキャットウォーク

本来であれば屋根裏にあたる部分に作られたキャットウォーク。しっかりとした作りで幅もあるため転落しにくく、猫たちの秘密の隠れ家のような雰囲気です。
高いところが好きな猫が自由に歩き回ったり、休んだりできるこのようなキャットウォークは、室内飼いの猫にとってストレスをためない素敵な遊び場になります。
天井のデザインともマッチした落ち着いた色合いで、一見キャットウォークとはわからないデザイン性の高さが魅力です。

石壁に作られた飾り棚のようなキャットステップ

リビングの吹き抜けを利用したキャットステップとキャットウォーク。石壁につけた味わいある木の階段は一見飾り棚のようにも見え、落ち着いたリビングの雰囲気を損なわないようにデザインされています。
猫はこの階段から、吹き抜けの壁沿いにぐるりと巡らせたキャットウォークに上がることができるようになっています。
明るい日差しが差し込む吹き抜けのキャットウォークは、猫のお気に入りの場所になりそう。高いところでくつろぎながら、家族を見下ろす猫の姿が目に浮かびそうです。

モノトーンでまとめたキャットウォーク

縦横に設置された天井部分の白い板、モノトーンでまとめたデザインの一部のようにも見えますが、実はこれがキャットウォーク。インテリアに溶け込むよう工夫されています。
キャットウォークへはキャットタワーから上がれるようになっており、運動不足になりがちな飼い猫の肥満予防にも最適です。
壁と天井の素材は白い珪藻土。人だけでなく猫の健康にも安心ですね。床は猫の毛も掃除しやすい黒タイルを選択。猫の気配も感じつつ過ごせる場所です。

白いドアのアクセントにもなる猫専用ペットドア

猫が「ここ開けて!」と扉の前でカリカリしたり、ずっと座って待っていたりすることは多いもの。飼い主さんにとって、いちいちドアを開け閉めするのは度重なれば面倒なこと。扉をあけっぱなしにしておくという方も多いのではないでしょうか。
そんなときに便利なのが、飼い猫が自由に家の中を移動できるようにするための「ペットドア」。ドアの下部に猫専用のドアをつけておけば、いちいち猫のためにドアを開け閉めする必要はありません。
ペットドアからこぼれる四角い光が、階段を上がってきた人の目に入りアクセントにもなっています。

マンションをリノベーションして猫の居場所を確保

猫も人も心地よく過ごせる家にリノベーションした例です。マンションだからといって、双方が心地よく暮らすのをあきらめる必要はありません。
2段になっている棚のうち、下の段は小物や雑貨を収納するスペースに。上の段がキャットウォークになっています。
猫にとって動き回れる場所が少ないマンションだからこそ、こんなキャットウォークでストレス発散させたいものです。
猫はもともと高いところを好む動物。本来であれば屋外の縄張りを歩き回り、運動量も相当なものになるはずです。
室内飼いの猫にとって運動できないのは相当ストレスがたまるもの。飼い主さんが遊んであげるのも限界があります。運動不足は人間同様、肥満の原因となってさまざまな病気も引き起こします。

家の中にキャットウォークがあれば、猫も自由に動き回れる範囲が広がり、高いところにいたいという欲求を満たすことも可能です。
猫にとっても人にとっても優しい住まいとは、双方にストレスがたまらない暮らしだといえるでしょう。

関連まめ知識

ペットにとって心地よい空間 2014年10月29日投稿 住宅設計 ペットにとって心地よい空間

関連Q&A

ライター/writer okunaga