個性的な色でインテリア上級者!壁色が魅力的な家

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンションや建売住宅の壁と言えば無難な白が一般的。とりあえずどんなインテリアにも合い、好き嫌いがあまりないのが白色だからです。
でも、せっかく建てる自分の家は無難にまとめるだけではもったいない!
最近はDIYで簡単に貼れる壁紙やクロスの上から塗ることのできるペンキも手に入ります。好きな色を自由に選んで、壁色で個性を出してみませんか?

ゴールドの壁色がゴージャスなトイレ

トイレや洗面所のような区切られた小さな空間は、大胆な色を試したいときにおすすめの場所です。
このトイレはゴールドの壁でゴージャスな空間に。ライトの雰囲気もぴったりですね。ゴールドと言ってもピカピカした金色ではなく、いぶしたアンティークゴールドのような色合いが、高級感と落ちついた雰囲気を出しています。こんなトイレだったら入るのも楽しくなりそうです。
トイレの奥の空間はビビッドなグリーンの壁。この家は、キッチンや階段の壁も鮮やかなグリーンを取り入れアクセントになっています。グリーンの補色である赤色の絵が目を惹く空間です。

ブルーグレーとレンガの壁が魅力的な趣味に没頭するための部屋

落ち着いたブルーグレーの壁色と斜めの天井が秘密の空間的な雰囲気を醸し出す、趣味のための部屋です。
壁の一面だけレンガ風の壁紙にしているため、全面同じ色にした場合に比べると変化が生まれ、広がりを感じさせます。レンガの雰囲気と壁の色が海外の家のようなイメージで、ナチュラルな木の床との相性も抜群です。
落ち着いたブルーは鎮静効果もある色だとか。静かに趣味の時間を過ごしたい時にぴったりの部屋ですね。

黒い壁のシンプルモダンな和室

シンプルモダンな和室は、天井と壁が大胆な黒。壁の一部が肌色の珪藻土仕上げで、黒い壁、深紅のカウンターとの対比が絶妙な仕上がりになっています。
もし部屋中真っ黒のクロスだったら暗いだけの部屋になりそうですが、和紙畳の落ち着いた淡い色と肌色の壁、低い位置にしつらえた窓が明るさも添えてくれます。大人の隠れ家のような空間です。

ビビッドな色をアクセントにした書斎

壁の一部を鮮やかな黄緑色にした書斎。中庭の緑と壁の黄緑色がシンクロして、部屋のアクセントになっています。
こんなビビッドな色を使う時は、壁の一面だけアクセントにするのがおすすめ。部屋ごと・人ごとにアクセントカラーを統一するのも面白いですね。他のインテリアやパソコンは白でまとめてすっきりとした印象になっています。

黄色と白色が優しい階段ホール

部屋の色は家具との兼ね合いもあってあまり冒険したくない・・・という時におすすめなのが、階段ホールなど家具を置かない場所の壁色を変えてみることです。
この階段ホールは落ち着いた黄色と白い天井の対比が美しく、天井や床回り、窓周りのモールディングが額縁のような雰囲気になっています。味気ない階段ホールが一気に温かみのある部屋のような雰囲気に。このような部分から色を取り入れてみるのもよいですね。

白も極めれば個性的!部屋中真っ白な家

白だから無難とは限りません。この白い家は、床から天井まで全て真っ白。キッチンの部分だけ淡いグレーのタイル張りで、全体が無彩色でまとめられています。白もこれだけ極めれば、逆に個性的になるという例です。
白と一言で言ってもさまざま。黄色みのある白、赤みのある白、青みがかった白など、同じ白でもどれを選ぶかによって部屋の雰囲気は変わります。だからこそ、厳選してみたいのが白色ではないでしょうか。

カラフルな色でまとめた現代美術のような階段

まるで現代美術のよう!こんなカラフルな階段が家の中にあったら毎日楽しく過ごせそうです。
いくつもの色を使いながら上手くまとまっているのは、色の彩度を揃えているから。ビビッドな色だけで構成されているのが成功の秘訣です。白い窓の枠と手すり、天井が全体のバランスを取ってまとめ役になっています。

ブティックのようなハイセンスなスペース

まるでブティックのようなこんな空間が家の中にあったら、お気に入りの場所になりそうです。
正面の淡い黄緑色の壁とテラコッタの床、棚の扉の色や赤いソファーが高級感を出しています。一見合わないように感じる色でも、空間の広さが和らげてくれることも。いろいろトライしてみるのもよいですね。
壁に色を使った時は、天井を白くすると白い光が回り込んで壁色の反射を抑えてくれます。
とりあえずどんな家具にでも合うようにと考えがちな壁の色。海外では気軽に壁の色を変えることも。飽きたらまた変えればいい、そう思って色を取り入れてみてはいかがでしょうか。
壁の色を選び始めると、その色の多さにかなり悩むはず。サンプルを取り寄せても、広い面積になると少し見え方は変わってきます。まずは小さな空間から、自由な壁色を始めてみてもいいですね。

関連まめ知識

知っていて損はない配色のテクニック 2013年12月26日投稿 インテリアコーディネイト 知っていて損はない配色のテクニック

関連Q&A

2015年06月16日投稿 インテリア 壁紙・ベッドスプレッド (回答数1)
ライター/writer okunaga