光を効果的に取り入れて美術館のような住まいを実現しませんか?

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
住まいに欠かせない要素の「光」は、取り入れ方、特に窓周りのデザインを少し洗練させると、簡単に美術館や図書館のような空間が実現できます。今回は身近な存在の窓に焦点をあて、窓そのものと、その窓につながる周囲のデザインの工夫例を具体的にご紹介します。窓周りの、特に床・壁・天井と接する部分に注目して、どんな工夫をしているのかを見ていきましょう。

吹き抜けに面した大開口を採用する

吹き抜けに面して縦長の大開口がデザインされています。注目したいのは、窓の下の部分です。階段と同じ材料を使って、階段状の読書コーナーが設けられています。開口部を縦長にすると、たくさんの光が入るだけでなく、窓の外に見える縦長の木々の景観も楽しむことができます。それだけではなく、読書コーナーが設けられることにより、その光溢れる場所に「居場所」ができていろいろな過ごし方が可能になっています。

光を最大限取り込む工夫

窓などの開口部には既製品を採用することが多く、その方が安価になります。そういった既製品サイズのものを採用した場合でも、光を最大限取り込むことができる工夫があります。写真の正面に見える2つの窓をよく見てみてください。左側の窓は、開口部の枠もなく、窓との境目から壁や天井に繋がっています。右側の窓は、その開口の高さに合わせて天井にし、左側の窓と同じように周囲の壁や天井と繋がっているのです。つまり、袖壁や垂れ壁、腰壁があるとその部分が暗くなりますが、逆にそれらを省くと周囲の壁や天井が光を反射して、実際の開口部の大きさよりも広範囲に光を取り込むことができます。

ハイサイドから効果的に光を入れる

キッチンの吊戸の上、ハイサイドの窓を見ていただくと、さきほどの例のように袖壁や垂れ壁がなく、周囲の壁や天井に反射した光が回り込んで明るい空間になっています。また、採光だけではなく、窓が通風にも考慮されて開閉できるようになっています。部屋の隅の部分が壁であれば陰になってしまい暗い空間になりますが、ここでは開口を設け、光を取り込むことで昼間に照明器具を付けなくても明るさを確保できるようになっています。

ピクチャーウインドウを活用する

部屋の使い方によっては、明るすぎても情緒がない場合も有ります。そういうときは、「ピクチャーウインドウ」という考え方を活用して、壁の中の一部分を開口部として切り取ると効果的です。この時、見せたい外の景色を吟味してどんな姿勢で見るのか考え、それらが見える位置を選ぶことが大事です。壁の一部分を切り取って窓とする場合も、その窓の辺の一辺が床・壁・天井のどちらかにぴったりくっつくように設置すると、その面に光が反射して陰影の美しさを感じる空間になります。

光を遮らない階段にする

せっかく大きな窓を吹き抜け部分に設けて光を室内に最大限取り込めたとしても、すぐ近くにある階段などがそれを遮ると室内の奥までその光は届きません。開口部周りのデザインを考える時、すぐそばの床・壁・天井だけではなく、階段、家具などのデザインも一緒に考えるとより効果的になります。開口部から入ってきた光をどのようにして室内の奥まで導くか時と場合によって考えて、豊かな室内空間を実現してみてください。
このように開口部周りのデザインを少し工夫するだけで、室内への光の入り方や、すまいでの過ごし方が大きく変わることが分かります。いろいろな住宅や建築物を見る行く機会があれば、開口部の位置やその開口部周りのデザインをどのようにされているかを注意深く観察してみてください。住まいには色々な要素がありますが、光の入れ方一つとっても美術館や図書館のように感じられる空間になります。住まいのデザインを考える際にはぜひ開口部周りのデザインにも拘って、素敵な光の環境を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連まめ知識

明るい『住まい』...その3 反比例の関係 2014年03月17日投稿 住宅設計 明るい『住まい』...その3 反比例の関係
明るい『住まい』...その4 中庭の誕生   2014年03月17日投稿 住宅設計 明るい『住まい』...その4 中庭の誕生  
北側でもあかるいスペースをつくる 2015年02月24日投稿 住宅設計 北側でもあかるいスペースをつくる

関連Q&A

2015年07月12日投稿 デザイン・設計手法 庇のデメリット・メリット (回答数9)
2016年08月23日投稿 新築 カーテンはどこのですか? (回答数0)
ライター/writer 眞田 育