開放的にも幻想的にも自由自在。自然光を暮らしに取り入れよう

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
照明器具を使った光だけが住宅の光ではありません。自然の光を上手く取り入れることで、家全体がぱっと明るく開放的な空間になったり、あえて絞り込んで取り入れた光が幻想的な姿を見せてくれたり。刻一刻と変わっていく自然光だからこそ、普段気が付かなかった家の姿にはっとする瞬間があるかもしれません。そんな光を上手く暮らしの中に取り入れた建築をご紹介します。

光あふれる明るく開放的な白いリビング

まずは王道、自然光が差し込む明るく開放的なリビングです。吹き抜けのリビングにガラス張りの「空中廊下」を通して光が差し込みます。高い位置にある窓が奥まで明るさを届け、部屋に広がりを生み出しています。清潔感のある白いリビングは、壁だけでなく床や家具まで白でまとめてあるため、レフ版効果でより一層明るさを感じる仕掛け。このような高窓がある空間は、昼間から照明をつける必要がないため節電にも効果的です。

コックピットのようなモダンなキッチン

家々が接している都心だから仕方ないと、明るさをあきらめていませんか?
この明るい光が差し込むキッチンは、都心に建てられた一戸建て。モダンな雰囲気のコックピットのようなキッチンは、屋根を兼ねている天窓から差し込む自然光で眩しいくらい。
ありきたりな窓ではなく上部から光を取り込むことで、キッチン全体が明るくなっています。
コの字型のキッチンは使い勝手も抜群。これなら料理もはかどりそうですね。

柔らかい光が回り込む非日常のエントランス

玄関はどうしても採光よりも機能性や配置を重視しがち。日当たりの良い玄関はあまりお目にかかれません。
トップライトがある吹き抜けのエントランスは、上部から差し込む光が辺りを明るく照らし、まるで異次元空間のよう。白で統一した家内部に柔らかい光が回り込みます。
家の中と外をつなぐ非日常空間を通り抜けて家に入るたび、時間によって変わる光の美しさに癒されそうです。

一条の光が差し込む床の間

自然の光は時としてダイナミックに、時として幻想的な姿を見せてくれます。
サイドの四角い窓から差し込む一条の光で、板張りの間にしつらえた床の間が舞台のように浮かび上がります。
床の間の壁は陰影を意識した凹凸のあるレンガタイル、床面はスプーンカットの板張り。
伝統的な書院造りの床の間に見られるスタイルを現代風にアレンジした、モダンな床の間だからこそ似合う光かもしれません。

トイレだって幻想的な空間に

閉ざされた空間だからこそ、光の存在がより大きくなってくるもの。
コンクリート打ちっぱなしの閉鎖的なトイレも、トップライトのスリット部分から光が差し込むことで幻想的な空間に変わります。
日によって違う光を感じることができるのも自然光ならではの楽しみ。それには、こんな小さな空間に隙間から差し込むような光がお似合いかもしれません。
同じ光なのに開放的にも幻想的にもなるのは自然光ならではかもしれません。
自然に触れる機会が少なくなっている現代社会だからこそ、太陽の光を意識してみたいもの。晴れた日だけでなく、雨の日や曇りの日、雪の日など、それぞれの光を楽しめたらいいですね。
古くから用いられてきた障子も住居に自然光を取り込むためのもの。そんな歴史も感じながら、自然光を現代の暮らしに合う形で取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連まめ知識

関連Q&A

2014年06月01日投稿 エクステリア・ガーデニング 中庭 (回答数2)
2015年07月09日投稿 新築 自分の家を建てるなら (回答数13)
ライター/writer okunaga