半外部空間を上手に活用するだけで、おしゃれなくらしが実現?

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
半外部空間とは、建築の屋内と屋外の間の部分のことです。半外部空間は、屋内の要素と屋外の要素がちょうど混じり合って、どちらの機能も果たしてくれる特別な空間です。ひと工夫することで豊かなくらしが実現可能なので、ぜひ限られた住空間の可能性を、無限大に広げてくれるおしゃれな空間「半外部空間」を住宅に取り入れ、より豊かなくらしを実現してみませんか。

庭とスタジオの間に半屋外空間があるすまい

庭とスタジオの間の大開口部を全て開けると、とても贅沢な半外部空間が登場し、庭全体もスタジオの一部のような広がりを感じます。土間部分にあるおしゃれなペレットストーブのお陰で、冬でも開口部を大胆に開けて、趣味の時間をゆっくり楽しめそうです。スタジオは、フローリングと土間部分に分けているので空間にメリハリがあり、色々な「コト」ができそうな可能性が広がります。土間とフローリングの段差がほとんどないことも、活用の自由度をあげています。

余計なものを省く

リビングと半外部空間が一体として利用でき、開口部を大きく取ってあるため、リビングが実際の2倍くらいの広さに見えます。また、その奥に続く外の景色を上手に借景として取り込んでいるので、リビングの広さを無限大に感じられます。リビングと半外部空間、半外部空間と外部との境界部分に注目すると、余計なものがそぎ落とされていることがわかります。こうすることで、より空間の広がりが感じられます。

船のデッキをイメージして2階へ設置

2階に船のデッキをイメージした半外部空間が設置されていることで、2階の各居室の通風と採光を確保しています。各居室の延長であり、天候にあまり左右されずに利用できる屋外空間です。2階に設置されているので、テラスから見える眺望は、まるで船の船首から見るような目線で景色を楽しむことが可能です。家の前を通行している人からの視線を気にせずに、半外部空間を楽しむひとつの方法としてご参考にしていただければと思います。

大きな庇と、つながる土間

大開口部を開けると、屋内もすべて半外部空間となります。屋外の土間が内部にも繋がっており、趣味のための空間に多様性を持たせています。これまでの半外部空間は、内部のものが外部にはみ出るようなデザインが多く見られましたが、こちらは逆で、外部のものが内部に入り込んできているデザインです。その空間でどんなことをしたいかによって、半外部空間は姿を自由自在に変えることができるのです。
半外部空間をおしゃれに活用すると、少しの工夫で、くらしがずいぶん豊かになります。ぜひ、これから住まいをどうしようかと考える時には、住宅の半外部空間でどんなことができるか想像を巡らしてみてください。こういうふうにできたらいいなという夢をひとつひとつ形にしていくことで、限られた空間を最大限に楽しむことができますよ。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer 眞田 育