寒い冬こそ、屋上緑化の準備をしよう!

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
寒い寒い冬の到来。今年は例年よりも厳しい寒さになりそうです。ベランダで育てていた植物も、気温の低下で少し元気がなさそう。植物の代わりに、季節を楽しみたくて、イルミネーションを施しました。そして、手に息をかけながら、暖かい春を待つ。季節が緩んだら、ベランダや屋上にはたくさんの緑を手掛けよう。暖かな日差しの中、イキイキと育つ緑たちを眺めよう。そう、厳しい季節は、その先にある柔らかな季節に希望をのせて、屋上緑化を計画しよう。

緑を眺めながら、歯ブラシごしごし。

2階の洗面スペースから見えるのは、一階部分の草屋根。朝起きて、寝ぼけまなこで歯磨きをしながら、目の前の緑を眺めているうちに、自然と瞼が開いてきそう。

洗面スペースの扉を開ければ、そこは芝生。屋根でありつつ、ピクニックスペースでもある。天気の良い日はこの特別な空間で、読書をしながらお昼寝なんかも出来そう。マイホームに芝生。最高です。

何度見ても、惚れ直す。

ビジュアル、フォルム、空気感。

何度みても飽きたらず、それどころか見る度に、惚れ直す。もしもそんな住宅があるとしたら、きっとこんなお宅なのではないでしょうか。

白と緑のコントラスト。芝生と家の木材の融合具合。今日もあなたの理想の家は、最高のコンディションであなたの帰りを待っています。

可能性は無限大。どう彩る?

広めな屋上に、あとからすのこを敷いたのでしょうか?外枠をコンクリートのまま残してあるので、なにか計画段階の途中なのかもしれません。

もしここの家主が、自分だったら、あなたはこの空間をどう彩りますか?
私なら、コンクリート部分は緑で埋めて、そしてウッドスペースは、BBQ会場として、いろいろアウトドアグッズを持ち込みたいです。

あぁ、なんで夢の話ってこんなに心がうきうきするのでしょうね。

日の当たるスペースで、植物に恵みを供給すること。

屋上緑化にも活用できそうなテラスの飾りつけ。
屋根を芝生にできなくても、写真のように、好きな花や植物を並べればほら、あっという間に華やかな空間に。

マイホームなら、屋上壁に、好きな絵や写真を防水加工して貼り付けるのもおすすめ。自分だけの癒し&アートスペースを作りましょう。色とりどりの花の色が、心まで色づかせてくれそうです。

屋根と風景が一体化

ぱっと見だと、写真の先の田園風景と一体となっているように見えます。

がしかし。ご夫婦が座っている場所は、屋根です。周りの自然と風景と溶け合う家は、きっと近隣の方々とのご近所付き合いも円滑なんだろうなと思える写真。きっとこちらのお宅には、暖炉があるのでしょうね。

屋根からひょこっと顔をだす煙突が、なんとも微笑ましく、暖かな気分にしてくれます。
屋上を緑でいっぱいにさせること。太陽の光をたくさん浴びること。そんな、ひとつひとつの願いが、少しずつ、少しずつ。現実になっていきますように。

関連まめ知識

ベランダガーデニングのテクニック 2016年11月16日投稿 インテリアコーディネイト ベランダガーデニングのテクニック
自分らしい家ってどんな家? 2016年12月10日投稿 住宅設計 自分らしい家ってどんな家?

関連Q&A

2016年09月15日投稿 構造 基礎の見えない家について (回答数3)
2016年11月02日投稿 アフターメンテナンス 外壁や屋根の塗り替え (回答数4)
ライター/writer midori