我が家の自慢はトイレです!来客目線のこだわりトイレ

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
来客が必ずと言っていいほど使うスペース、それがトイレです。
清潔なことはもちろん大切ですが、プラスアルファのこだわりや仕掛けがあると、借りる側にとって新鮮な驚きがあるもの。玄関やリビングと同じかそれ以上(!?)に、トイレの心地よさやおもしろさが家全体の印象に影響を与えることもあるのです。
お手洗いを貸すとき、「ぜひ、使って!」と胸を張って言えるような、ちょっと自慢したくなるトイレ、作りませんか?

トイレットペーパーで遊び心を表現

ドアを開けた瞬間、思わず「えっ!?」と驚いてしまう光景。おしゃれなオブジェと勘違いしそうな、トイレットペーパーの収納法です。
トイレ自体の設備は無駄がなく、シックな色合いでシンプルにまとめられていることで、このトイレットペーパーがより効果的に目に飛び込んできます。
トイレから戻った来客と「あのトイレットペーパーさ…」と話が弾むこと請け合いの、アイデア勝利のトイレです。

洗面台と鏡があれば化粧直しもスムーズ

家を建てる際、どうしてもトイレは省スペースで設計されがちですが、来客を通す空間と考えれば、これくらいゆったり作ってもいいのでは?洗面台や鏡は特に女性ゲストには喜ばれます。
サニタリー用品や掃除道具といったトイレ周りのアイテムもすべて収納でき、見た目もすっきり。またこれだけ設備が充実していれば、トイレだけでなく「手洗い、うがいをしたい」というリクエストにも応えることができます。

光をたっぷり取り入れて狭さを感じさせない

トイレと言えば家の隅の、窓の小さな暗い一角…なんかじゃないんです!トップライトを設けて自然光が差し込むようにすれば、トイレだってこんなに明るく、洗練された空間に。
光を十分に取り入れ、さらに白を基調にすることで、実際のスペースよりも広く見える効果も得られます。トイレにも自然光は大切。それだけで印象が大きく変わります。

ビビッドな色の壁紙で、強い印象を残す

モノトーンやナチュラルカラーの壁紙は無難だけど、ビビッドカラーにも挑戦したい。でも、リビングやダイニングのような広い空間では勇気が出ない…。そんなときは、トイレの壁紙で冒険してみませんか?
パキッとした色合いも、トイレの中だけなら程よいアクセントに。気が変わったら張り替えも気軽にできます。
リビングはナチュラル系でトイレだけは「攻め」の壁紙、なんていう組み合わせは、来客に新鮮な印象を残しそうです。
玄関、リビングに次いで、お客様の目に触れる機会が多いトイレ。せっかく使ってもらうなら、快適さにプラスして意外性やおもしろみも感じてほしいと思いませんか?
ここでご紹介したもの以外にも、トイレをちょっとしたアートスペースにしたり、小窓から見える景色にこだわったり…と、工夫のしどころはいろいろあります。ぜひ、「自分が来客として使ったらうれしいトイレ」を作ってみてください!

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer 玉置