抜け感のある空間。水平方向に吹き抜けるとこんなに気持ちいい!

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きな窓がある家はそれだけで、気持ちが明るくなります。
ですが、その窓を通して、風の通りを感じたり、空気の抜けを感じたりする窓ならどうでしょう?もっと気持ちい眺めになると思いませんか?今回は、窓を通して、家のこちら側とあちら側がつながるような、そんな水平方向に吹き抜け感のある家たちを集めてみました。

玄関にある大開口はテラスやその奥まで吹き抜ける広がりを感じさせる!

中庭を囲むように部屋が配置され、そのすべてに大開口がしつらえられており、領域があるような、ないような。すべてが一つの部屋のような、でもそれぞれに役割がある。そんな、広がりを感じます。

風も視線も吹き抜ける大開口

屋上テラスに面した大開口を持つ、洗面スペース。この開放感はすごい!そして、テラスから反対側の風景までも見渡せる、この視界の抜け感!ここで身支度をするのは、とても気持ちいいのは当然、両方の窓を開けて風を感じながら、ずーっとくつろいでしまいそうです。

玄関の大開口から吹き抜けて見える緑はまるで絵画のよう

玄関を開けると、中庭に面した窓からの光が差しこみ明るい空間であることは確かですが、その奥の開口の向こうにはこの家のシンボルツリーが見えています。中庭からの柔らかい光とは別に、奥に広がる明るい光にたたずむシンボルツリーへと進む玄関は、まるでトンネルの中を歩いていくよう。

中庭にへと吹き抜ける大開口からは、上へと続く階段が期待を高めさせる

大きな玄関には大きな大開口。その奥に見える中庭には、上階へと続く階段が見えて、空までの抜け感を演出します。
シンボルツリーが上へ上へと伸びているのも、思わず上を見上げたくなる要素ですね。
水平方向に吹き抜け感のある家たち、いかがでしたでしょうか。ただ大開口があるだけでなく、そこから見えるものや、その奥まで見渡せることなどが、抜け感を構成している要素だったりしましたね。ちょっとの工夫でさらに空間に広がりを感じることが出来るのですから、いろいろ試してみたいですね。

関連まめ知識

明るい『住まい』...その4  2014年03月17日投稿 住宅設計 明るい『住まい』...その4 

関連Q&A

2016年09月20日投稿 デザイン・設計手法 建築の専門家のみなさんなら・・・ (回答数9)
ライター/writer amodanca