囲まれる心地よさ。段差がつくる快適リビング

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの理想のリビングはどんなリビングですか?吹き抜けや大開口など重要ポイントは人それぞれですが、今回は段差を積極的に取り入れた居心地のよいリビング事例を紹介します。広いフラットなリビングもいいけれど段差を積極的に取り入れた立体的なリビングには独特の楽しさがあります。
スキップフロア構成による建物の段差を利用した立体的なリビングやソファー部分を一段下げることで囲まれ感を演出したリビングなど真似したくなること間違いなしです。

スキップフロアが生み出す囲まれ感のあるリビング

ダイニングスペースから階段状に数段下がった位置にあるリビングスペース。スキップフロア構成のLDKはソファーからの視線の高さとダイニングからの視線の高さが微妙に異なるため座る場所によって印象の違う景色を楽しめます。
階段状になった部分は腰掛けて読書をしたり音楽を聴いたりできるちょうどよい場所にもなっています。ダイニングと間仕切りなくつながるリビングですが、その段差により適度な囲まれ感があり落ち着いて過ごすことのできる空間になっています。

LDKの一角に遊び場!大人も子供も楽しめるリビング

明るく開放的なリビングの一角に座ってくつろげるスペースが。そこにはクッション性のある床と背もたれが設置されています。ちょうど良い高さの段差はもたれて親子が一緒に足を伸ばしてくつろぐのに十分な広さを確保。クッションを移動させればどの方向にも寝転がることができる自由度も魅力です。
商業施設にあるプレイルームなどにも通じる子供が遊びたくなる空間ですね。パインの床材のやさしい肌触りは子供の素足にもピッタリ。お友達が集まって一緒に遊ぶ姿が目に浮かぶリビングです。

ゆらめく炎を堪能できる大人の空間

暖炉を囲むようにつくられた円座のくつろぎスペースです。夜、暖炉に火を灯せばそれだけで大人の空間に。友人や知人はたまた恋人と一緒にゆらめく炎を見ながら過ごす一時は、何物にも代え難いものになりそうです。
床を掘り下げてソファーを設置することでリビングの一角を特別な空間にしています。同じ火を囲んむレイアウトに囲炉裏がありますが、このように一段下げてつくられているソファーだと座るのが楽というメリットがありますね。炎からふと目を外して見渡せば、高い天井と正面の大きな窓が。開放的な気分にも浸れるお酒が似合う粋な空間ですね。

洋風堀座卓でくつろぎのリビング

掘りごたつならぬ堀座卓のあるリビングです。ゆったり6人座れそうな大きなテーブルは日常のさまざまな用途で活躍しそうです。リビングの隣には小上がり畳スペースがあり「座ってくつろぐ」ことのできる連続した空間が広がっています。
また、堀座卓にすることで、キッチンから見える外の眺めも邪魔しません。ここに普通のダイニングテーブルを置いた場合には景色の印象はかなり違ったものになりそうです。和室からのつながりからキッチンに立った時の景色の見え方まで計算された必然の堀座卓です。

段差を活かした洗練されたリビング

川そばの立地に建つスキップフロア構成の建物です。エントランスを2階に設けることで川を見下ろす位置にリビングがあります。そのリビングには大きな窓があり、窓辺には腰掛けて景色を眺められる段差が設けてあります。その段差がリビング全体を取り囲むことで、その景色を背景にした個室のような囲まれ感のある空間となっています。
階下にあるダイニングキッチンとは空間としてつながっていますが、リビングの床が一段掘り下げられていることで程よい独立感があります。間接照明を中心とした落ち着きのある洗練された空間ですね。
リビングのソファーエリアはリラックスして過ごしたい空間。座ってくつろぐことが多いスペースだから囲まれ感があると落ち着きますね。今回は段差をうまく活用することでそれを実現している事例ばかり。開放的な広いLDKでも段差による囲まれ感があれば、ダイニングやキッチンとの心理的な切り分けが可能に。
リビングの一角にちょっと横になれる「小あがり」があるのも魅力的ですが、一段下がった囲まれ感のある「小さがり」があるリビングも素敵ですね。

関連まめ知識

住まいの照明計画 ~<光の色>について 2014年02月17日投稿 住宅設計 住まいの照明計画 ~<光の色>について
スキップフロアや単独壁の活用 2014年05月13日投稿 住宅設計 スキップフロアや単独壁の活用

関連Q&A

ライター/writer hotagos