そこから入り込むのは光と希望と、優しさと。~必要不可欠、窓の話~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
そういえばの話。窓のない家って、ない。リビングや浴室、ベッドルームから差し込む、優しい外からの光。
朝はカーテンを開けて、窓からその日の天気を伺って。昼下がり、その自然光の眩しさとあたたかさに温もりを覚える。

思えば窓は、いつだって私たちの側にいます。なくてはならない存在だからこそ、普段はその大切さに気づかないけれど。今日はそんな窓の存在価値を改めて、見直してみませんか?

天井からの採光が、あなたの暮らしを照らします。

家の建設地は分譲地だった為、隣にも家はすぐ建つ予定でした。その為プライバシー上、1階は窓を開けたくてもカーテンを閉める機会が多くなりがちと考えた結果の天窓!上部にある窓なら、見えるのは青い空と輝く星とお月様だけ!
1階まで、天窓からの明るい光は届きます。プライバシーを気にせずに自然光を享受できるありがたさ。天窓につけるという選択は、大成功を収めました。

いいとこどり。ベストな浴室。

入浴していることを外にはばれたくないけど、窓からの光は欲しい。そんなあなたにうってつけなのがこちら、ガラスブロックです。外からも中からもプライバシーは確保された上、外の輝く自然光だけは浴室へと舞い込む仕組みになっています。
ガラスブロックの爽やかなブルーと、バスタブにはったお湯のミントブルーが最高のバスタイムへといざなってくれることでしょう。

やっぱりリビングは、こんな感じが理想です。

まだ開ききらない目をこすりながら、朝食が待つリビングへと降り立つ。そこはカーテンを閉めたまま出てきた寝室とは真逆の、窓から差しこんでくる自然光で明るく照らされた世界。自然と、重かった瞼がどんどん軽くなっていく。
ぐーっと背伸びをして、家族に一言笑顔で「おはよう!」そんな朝の光景が一瞬にして目に飛び込んできそうな、幸せの空間です。

窓の位置を、考える。

一枚目の写真のように上部に設置する窓もあれば、こちらの写真のように、低い位置に設置する窓もあります。どちらもそれぞれの空間をより活かせるように考え、決められた位置。

こちらの写真は、畳に座りながら外にある水盤や自然を眺められるよう考えられた窓です。低い窓は、外の喧噪からは縁遠く、和室の雰囲気を壊さない「謙虚さ」をも、持ち合わせているかのようです。

目には見えずとも、存在を感じるということ。

右側の窓はバルコニーへと繋がっています。そして奥には、窓は見えないけれど、高窓からの採光を感じることが。奥上部の光は、自然光の輝き。

普段、窓を探すことはあまりないけれど、いざ探してみるとそこらかしこにその存在を感じることが出来ます。窓がもたらす私たちへの恩恵は、意外と計り知れないものなのかもしれません。
以前の職場には、窓のない事務室がありました。たまにそこで作業することがあった時。そこにいる時は特に何も感じないのですが、作業が終わって窓のある空間へ入った時のあの眩さを、今でも忘れることが出来ません。
窓はいつもそこにあってくれるから当然のように感じるのは、やっぱり当たり前のこと。でもその当たり前が、どれだけありがたいことなのか。

そんな、たかが窓、されど窓のことを考えてみる日を作るのも、たまには良いものです。

関連まめ知識

風通しの良い『住まい』 2014年03月17日投稿 住宅設計 風通しの良い『住まい』

関連Q&A

2014年09月04日投稿 新築 注文住宅にデメリットはありますか? (回答数12)
2015年07月09日投稿 新築 自分の家を建てるなら (回答数13)
2016年07月28日投稿 住宅設備 お風呂について (回答数5)
ライター/writer midori