【タイプ別に送る、屋上それぞれの楽しみ方】

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんは、屋上にどんなイメージがありますか?つい最近までは、一戸建てに屋上があるということが、珍しかった時代。そんな時代からほんの少しだけ時間が経った今、【屋上のある家】が少しずつ、増加傾向にあります。
一足早く屋上を手に入れた方々。さてどんな風に、屋上のある生活を楽しんでいるのでしょうか?今回はタイプに分けて、屋上の楽しみ方をお届けします!

軽い食事が出来るスペース

屋上でありながら、まるで都内のおしゃれカフェのような出で立ち。小さく咲き誇るオレンジの花が、空間に華やかさを添えます。テーブルセットを設置すれば、軽い食事も可能な空間に。
公園やカフェテラスに行くまでもなく、外で優雅にランチタイム。

屋上で食事を楽しみたい方に、とてもおすすめの活用方法です。

空を一番近くに感じられる場所

空を近くに感じることが出来るのも、屋上がある家の特権です。こちらのお宅では、なんとその上をいく【展望台】を作ってしまいました!

もうだいぶ昔の大学時代、学校の屋上にある展望台に上って空や星を見ていたことを、うっかり思い出しました。都会にいるのに、こんなに星が瞬くことを初めて教えてくれた展望台。そんな展望台が自宅にあるとは、なんて素敵な発想でしょう。

屋上から伸びるハシゴが、まるで空へと続いているよう。空や月、星を近くで感じたいなら、展望台を作るという発想。覚えておいて、損はなさそうです。

屋上からの眺めを主役に

屋上に出ると、視界の先には江の島と灯台が。屋上には、お気に入りの椅子を2つ用意すればもう充分。これこそ、シンプルイズベストの究極形。

湘南独特の、開放感溢れる空気と、椅子のオレンジ色がとてもよく似合っています。ここから見る江の島の風景は、朝・昼・夕焼け・夜景どれをとっても素晴らしいはず。

屋上からの眺めを主役にしたい方なら、屋上には必要最低限の物さえあれば、あとは外の風景が屋上をかたどってくれるでしょう。

屋上をお庭に。

もし地上にお庭を作れなかったとしても。屋上をお庭にするという選択肢があります。屋上緑化は、夏を涼しく、冬を暖かくする省エネ効果や、ヒートアイランド現象を抑える効果などがあります。そして何より、家に緑があるという、リラックス効果。難しい説明はなしとして、緑はやっぱり癒される。
防水の処理などの工程はありますが、屋上庭園はやはり、魅力的です。

変形敷地を有効的に使う。

三角形の変形敷地。庭、バルコニーではなく、出来るだけ広々と使うことの出来るルーフテラスを選びました。写真のように天気の良い日は洗濯物を干したり、夏場は水遊びをしたり。洗濯物がパタパタと揺らめく風景って、なかなか幸せ。

庭、バルコニー、屋上。全部欲しいけど、全ては選べない時。その時何を選択するか、今の内に考えてみるのも、良いかもしれませんね。

ウッドデッキの効能

屋上の素材をウッドデッキにした三世帯住宅のお宅です。
コンクリートよりも、温かみのある印象になっています。この広さなら、家族揃ってBBQや、屋上ピクニックなども出来そうです。そんな賑やかなイベント事が、とても良く似合うウッドデッキ。

屋上をどんな空間にしたいかによって素材を選ぶのも、楽しい家づくりの工程の1つです。
屋上を庭として楽しんだり、家族の憩いの場になったり、はたまた自然を眺める絶好の場所として使ったり。
屋上の楽しみ方は家それぞれ。あなたらしい屋上の楽しみ方を、是非探してみてください。

関連まめ知識

エアコンのいらない暮らし(1) 2014年06月20日投稿 住宅設計 エアコンのいらない暮らし(1)

関連Q&A

2014年06月24日投稿 エコ・温熱環境 ソーラーパネルについて (回答数4)
2015年01月19日投稿 エコ・温熱環境 屋上緑化・壁面緑化 (回答数6)
ライター/writer midori