クールな空間で、夏も涼しく

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
色や素材によって、温度の違いを感じることは、既に洋服などで体感されている方も多いと思います。それは、家のなかでも同じこと。暑い夏には涼しげな色や素材で実際の気温だけではなく、見た目から涼しさを感じることができるのです。今回はクールな印象の空間で涼しさを感じる事例をご紹介。

揺れるレースが涼やかさを運ぶ

玄関ホール吹き抜けと一体になったらせん階段は、二階リビングダイニングキッチンへと続く。暖気や冷気が上下空間に通じるのを防ぐレースのカーテン。明かりや空間のつながりを遮断しすぎない、ゆるやかな仕切りです。揺れる白い布は夏に涼気を運んでくれそう。

外の暑さを忘れてしまうクールな内装

静かな、薄暗い室内は、まるで洞窟のよう。真夏の鍾乳洞に入ったような、ひんやりとしたイメージです。薄い布一枚隔てた外側がどんなに暑くても、この空間にいれば、安心して過ごせそう。

選ぶ素材でクールを感じる

ガラスとコンクリートという無機質な素材。何の仕上げも施さない潔さがこの、クールな空間を作っているのでしょう。明るい空間でありながら、暑苦しさを感じないのは、この仕上げの功績といえそうです。

素材選びで暖かみとクールさのちょうど良いさじ加減

コンクリートの空間の中に、床や柱、梁等ところどころに、木の暖かみを感じます。ただ、全体的にクールな空間に感じられるのは、木の色味も落ち着いているからなのでしょう。
しばし暑さを忘れさせてくれるクールな空間づくりは、素材選びや、インテリア、色の選び方、などさまざまな方法があります。空間がシンプルであれば、季節によってクールにも暖かくも変幻自在ですね。

関連まめ知識

関連Q&A

2017年08月09日投稿 住宅のトラブル モルタル床の夏結露 (回答数1)
ライター/writer amodanca