普通の玄関じゃ物足りない!

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
玄関は、お客様を迎え入れる最初の場所であり、家族の「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」を支える大事な場所です。と同時に、長く過ごす場所ではないため、他の部屋に比べると軽く考えられがちかもしれません。今回は、玄関もここまで素敵に!と驚きのこだわりが感じられる事例を集めてみました。

玄関からも景観を楽しもう

こちらはシーサイドに建つ、セカンドハウスです。そのフレーズだけでもワクワクしてきますが、家のどこからも海が眺められる大きな窓があります。そして、なんと玄関にまでこの大開口!家に入った瞬間、外部と内部の境界をあいまいに感じてしまいそうな開放感ですね。

ギャラリーのような玄関

白い壁と、敢えて低く設置された地窓からの控えめな光が、効果的な演出となっている玄関では、飾り棚の小物たちを眺めていると、ギャラリーにいるような気分になります。玄関収納などがパッと見、見当たらないということも生活感を隠すいい方法ですね。

中庭からの光を取り込む玄関

こちらの玄関もとてもすっきりしています。シューズボックスも設置されているのですが、生活感がにじみ出ないのは、ボックスのすっきりとしたデザインと素材選びの勝利といったところでしょうか。正面には中庭のシンボルツリーが見える大きな窓が設置されていて、日中は照明がいらないほど明るい空間となっています。

立地を生かした眺望がすばらしい玄関

高台に建つこちらのお宅は、周囲に桜並木が臨めるだけでも素晴らしいのですが、桜を見上げるのではなく、桜の花びらが丁度目線に来るように窓もデザインされています。玄関に入ってこの桜が目に飛び込んできたら、もう、春はそれだけで気分が高揚しますね。新緑や紅葉など、季節を通して楽しめそうです。
素敵な玄関たち、いかでしたでしょうか。雑多なものがあつまりがちで、生活感が表れがちな玄関も、こだわりのデザインで設計すれば、ここまで素敵になると実感していただけたのではないでしょうか。明るさを取り込んだり、広さを感じる工夫、生活感を隠した収納方法など、ぜひ参考にして下さい。

関連まめ知識

ガラスの玄関ドア 2015年04月01日投稿 住宅設計 ガラスの玄関ドア

関連Q&A

2015年04月20日投稿 デザイン・設計手法 玄関ドアについて (回答数6)
ライター/writer amodanca