ウッドフェンスでナチュラルな外構づくり

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
住まいのデザインに溶け込み、優しい雰囲気の外観を作るウッドフェンス。天然素材だけでなく、お手入れしやすい木目調の樹脂製フェンスなど機能性に優れたウッドフェンスも増え、人気が高まっています。今回は、ナチュラルな外構づくりに欠かせない、「ウッドフェンス」についてご紹介します。

ウッドフェンスとは

外観や街並みに、自然に馴染むのがウッドフェンス。その名の通り、木材を使用して作られたフェンスです。住まいを囲っていながらも、威圧感のない優しい質感が魅力となっています。

設置の際は、デザインや木目にこだわるだけでなく、ウッドフェンスの高さや配置などにも配慮を。目隠し目的なのか、外観デザインのひとつなのかなど、目的を絞ればウッドフェンス選びがスムーズです。

ウッドフェンスの役割

木の優しい質感で街並みに溶け込みながら、通りからの目隠しになるウッドフェンス。他のフェンス同様、プライバシー対策としての役割を担っています。より目隠し度を高めるなら、ウッドフェンスの隙間をつめたデザインがおすすめです。

プライバシー対策以外にも、緩やかに敷地を仕切るタイプや、風通しを重視したタイプ、植木鉢を吊るすことができるタイプ、洗濯物干しのあるタイプなど、さまざまな役割を持つウッドフェンスがあります。

ウッドフェンスでバルコニーが豊かな表情に

バルコニーをアウトドアリビングとして使う場合、気になるのが近隣からの視線。ウッドフェンスを設置すれば、住まいのインテリアとして馴染みながらプライバシーも確保できます。

こちらのお宅のように、高さのあるフェンスでも、温かみのある木素材で取り入れれば圧迫感を与えません。洗練されたウッドフェンスが、バルコニーを豊かに彩ります。

ウッドフェンスは坪庭の目隠しにも最適

露天風呂感覚で楽しめる坪庭付きの浴室。髙野槇、壁・天井はカナダ杉と、木が香るこだわりの浴室は、目隠しとなるフェンスもこだわりたいもの。植栽の背景としてもマッチするウッドフェンスは、プライバシー確保の目的だけでなく、美しい景観としても存在感を発揮します。
住む人の個性を反映させ、優しい雰囲気の外観を作るウッドフェンス。目隠しを重視するならルーバーフェンスを、デザイン性を重視しておしゃれな雰囲気を演出するなら格子状のラティスフェンスがおすすめです。あなたもぜひ、ウッドフェンスにこだわってみてはいかがでしょうか。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer naomi