内に開かれた、際立つ外観の住まい

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
窓もなく玄関も控えめな、品のある落ち着いた外観。すっきりとした美しさを感じる外観。それらの建物は、見ているだけでワクワクします。
一方で室内は、外観からは想像できないほど明るく開放的だったりします。それらの住まいにはさまざまなアイデアが溢れています。今回は、外観の美しさが際立つだけでなく、室内も洗練された住まいの事例をご紹介します。

中庭のある落ち着きのある外観の住まい

正面には窓はなく、大きなシャッターと奥まった玄関しか見えない外観。濃いグレーの落ちついた色合いと敷地に敷かれたタイルがスタイリッシュです。一歩中に入ると、趣味を楽しめる大きなガレージがあり、その広さに驚かされます。
中庭に面するキッチンは外観同様スタイリッシュ。大きな吹き抜けのあるリビングは開放的です。モダンなバスルームやすっきりとした和室も素敵です。際立つ外観の美しさ同様、室内も洗練された雰囲気に溢れる住まいです。

壮大なイメージのあるモダンな外観の住まい

太陽光を受けて少しだけクリーム色にも見える白くスクエアな外観。セットバックした奥にある木製玄関やランダムに配置された横長のスリット窓が印象的です。夜にはこの窓から光が溢れ、建物を輝かせます。
庭に面する広いLDKやこだわりの和室、白いタイルとグリーンでまとめられた美しい中庭など、全てが優雅な空間となっています。外観のすっきりとした壮大なイメージに相応しい、豪華で洗練された空間が内部に広がっています。

スマートに佇む外観の住まい

白い箱と板張りの壁が並ぶスマートな外観。この木造二階建ての住まいには中庭があります。無垢材と白基調の壁でできた室内はナチュラルな雰囲気。スクエアなイメージは室内も同様です。中庭に面するLDKは大開口で繋がっており、十分な日差しが差し込みます。
キッズスペースや趣味室なども個性的です。どの部屋もやさしい明るさに包まれています。外観、室内ともにスマートさを感じる住まいです。

形状そのものが美しい外観の住まい

一見、玄関さえも見当たらない個性際立つ外観。壁には一切窓もありません。四角いものをナイフで切り出したようなシャープさです。中に入ると、光はトップライトから差し込んでいます。室内の白い壁に反射した太陽光が、間接的にやさしくリビングに届いています。複数箇所あるトップライトにより、均一な上品な明るさとなっています。
室内も白基調の色合いで、無垢フローリングとの相性も申し分ありません。外観のコンセプト同様、洗練された室内が広がっています。

触れたくなる素材感溢れる外観の住まい

カゴに石を詰めた蛇籠(じゃかご)を目隠し塀にしたところが目を惹きます。河川敷や斜面で見ることがあっても、このような形で見るとやはり驚かされます。
また外壁にモルタル掻き落としの壁や漆喰塗りの壁など、昔から使われているものを使うことで、飽きのこない表情を作り出しています。その上で、個性的である住まいとなっているのは、素材の組み合わせの妙ではないでしょうか。近くによるとつい触れたくなるような素材感。どこか懐かしくも斬新さが感じられる外観です。

青のガルバニウムが美しい外観の住まい

住宅が密集する地域に建つ、建坪10.5坪の狭小住宅です。青のガルバニウムと対照的な色合いの玄関と小さな窓が印象的な住まいです。近隣の状況から一番視界の抜ける東南の角に縦長の窓を配置することで、吹き抜けのリビングに十分な明かりを取り入れることに成功しています。
また、階段室や部屋の随所に小さな窓を配置することで、室内はやさしい明るさに包まれています。外観のすっきりさが室内にも感じられる住まいです。
外壁部分に窓や開口がなくても、室内は明るく素敵な事例ばかり。トップライトの使い方や中庭の存在によりそれを実現しています。外に面する部分に窓がないので、プライバシーの確保は最高レベルと言えますね。
住宅が隣接する立地に家を建てる場合でも、このような住まいを見れば、素敵な住まいを建てることは可能だと感じます。内に開かれた、際立つ外観の住まいは理想の一つのかたちですね。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer hotagos