システムキッチンの種類。理想に近づくキッチン選びのポイント

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
料理をする人が長い時間を過ごすキッチンは、快適な空間でありたいもの。リフォームを考えるとき、真っ先に思い浮かべるのがキッチンという方も多いのではないでしょうか。今回は、キッチンリフォームをした場合、費用の大半を占める「システムキッチン」の種類や選び方のポイントについてご紹介します。

システムキッチンの種類

システムキッチンの種類は、大きく分けて4つあります。

・I型キッチン
最も省スペースで比較的安価で施工できるのが特長です。家事動線が直線になり無駄のないスペースの活用ができます。

・L型キッチン
家事動線が短いため調理しやすいのが特長です。コーナー部分のデッドスペースを有効活用できれば快適性がグンと上がります。

・U型キッチン
数人で調理したいなら、このタイプがおすすめです。作業スペースを広くとることができます。

・アイランド型キッチン
数人での調理に適しており、開放的な雰囲気が魅力です。広いスペースが必要なため、キッチンを広くとることができる間取りに適しています。

システムキッチン選びのポイント

システムキッチン選びには、確保できるスペースや使い勝手、間取りとの相性がポイントになります。料理する人が自分の作業する姿やキッチンに立った時の家族との距離など、ライフスタイルを想像して決定しましょう。

また、調理スペースの確保は最も大切なポイント。まな板を置いたり切ったものや調理したものを置く作業スペースは十分な広さが欲しいところです。シンクから加熱器、そして冷蔵庫まで1から3歩で移動できることが理想です。

設備や仕様にこだわろう:1

理想のキッチンを実現するため、必要な設備機能や、各部材のサイズをきちんと考えて選びましょう。主に以下のような項目があります。

・レンジの選択
IHクッキングヒーターかガスコンロかを選択します。どちらにもメリット、デメリットがあるためよく検討してください。

・システムキッチンの高さ
標準的な高さは85㎝。身長に合わせて専門家に相談してみましょう。

設備や仕様にこだわろう:2

・食洗機の有無
あると便利な食洗機。ビルトインタイプならすっきりとしたキッチンに仕上がります。

・収納の仕様
色や素材によって、イメージががらりと変わります。お好みだけでなく、掃除のしやすさや他の部屋との相性も考慮して選びましょう。

・シンクやワークトップ
素材やサイズなどさまざま。確保できるスペースやお好みに合わせて選びましょう。ハンドシャワー付きのシンクはシンクの掃除や野菜洗いなどでも便利です。
システムキッチンは工期が短く、種類も豊富なためキッチンリフォームの主流になっています。あなたもぜひ、「システムキッチン」の基礎知識を参考に、最短で理想のキッチンをかなえてみませんか。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer naomi