暖炉のある家~インテリアとして、暖房として~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道の、とあるホテルに泊まった際。通されたのはまるで大きな家のリビングのような、暖炉付きのリビングの部屋。
ぱちぱちっとなる薪の音は心地よく耳に響き、柔らかい眠気を誘います。

心底リラックスできる暖炉のある部屋。そして暖かいだけじゃない、インテリアとしての活躍ときたらもう。

この存在、惚れずにはいられないかも。

夢の競演

椅子をチェアと呼んだ方がしっくりきそうな空間。チェアに腰をかけ外を眺めると、視界の先には大きな海が、広がります。
空と海の境目がどこか分からないほどの美しいブルー。そしてすぐ側には、心と身体を温めてくれる暖炉が見守ってくれています。

凪のような日、波が立つ日。生きていると色んなことがあります。

でも、どんな日だってここにくれば、心に潤いを保てるような気がするのです。

冬だって大好きになりそう

冬は寒い。どうしたって、寒い。寒いからという理由で冬が苦手なあなたへ贈るこちらの写真。

どうでしょう、外に出なくて済むうえに、こんなにおしゃれでラグジュアリーな空間。暖炉を見つめる毎日は、きっと幸せそのもの。

ただし、暖炉は冬限定。この贅沢を味わえるのは、そう。冬のみなのです。

どうでしょう、暖かくてゆったりとした空間で、暖炉を味わい尽くす冬。冬嫌いのあなただって、「こんな冬ならいいかもな……。」ってほんとは少し、思ったでしょう?

違和感皆無の和×洋

スタイリッシュに仕上げた暖炉の空間。
写真奥に見えるのは、和モダンな中庭です。

1つ1つのセンスが素敵だからこそ、混じり合っても違和感がなく、むしろかなりおしゃれ!

暖炉には「埋め込み式」という選択肢もございます。中庭と暖炉を眺めながらのティタイム。毎日のほっと一息空間は、ここで決まりですね。

暖炉の前で寝っころがりたい

大きく、存在感のある暖炉。その姿は、家族と家を守っていつも働く世のお父様のようにも見えてきます。自分の燃やした火で、周りの大切な人を温められる。

世のお父様のその覚悟や包容力を体現化したら、やっぱりそれは「暖炉」になるのではないでしょうか。

少しだけ、実家の父を思い出したのでした。

どこからも見えるという安心感

まるでお店のような長いカウンターテーブル。テーブル席から後ろを振り返れば、暖かく柔らかく揺れる炎。写真奥のリビングからも、暖炉を確認することが出来ます。

どの位置からも見る事のできる暖炉。

マイホームにカウンターキッチン、そして暖炉……。
私たちの心を溶かしてくれる、甘い魅力が溢れています。
暖炉の暖め効果はすごい。北国で重宝される理由は、その保温力と、身体を芯まで温めてくれる実力が折り紙つきだからこそ。

更にそこに1つあるだけで、部屋の雰囲気がぐっと贅沢な物になるという上質感まで持ち合せた暖炉。

あぁいつか、暖炉の前でうたた寝がしたい。

関連まめ知識

『水』と『火』による演出 2014年08月15日投稿 住宅設計 『水』と『火』による演出
「和み」と「癒し」のコーディネート 2014年09月05日投稿 住宅設計 「和み」と「癒し」のコーディネート

関連Q&A

2014年10月03日投稿 エコ・温熱環境 暖炉 (回答数8)
2015年03月15日投稿 住宅設備 床暖房について、 (回答数7)
ライター/writer midori