「収納」にこだわったリノベーション。造作棚の事例集

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンプルな住まいを理想とする方は多いのではないでしょうか。ものが溢れずすっきりとした空間を保つためには、十分な収納が欠かせません。今回は、収納にこだわった住まいの事例をご紹介します。特にデッドスペースを有効活用した造作棚のアイデアに注目してみてください。

造作すれば大満足のキッチンに

限られたスペースを最大限使いやすく有効に活用したいなら、造作家具を取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。こちらのお宅は、手持ちの家電、お気に入りのキッチングッズや食器に合わせてキッチンを設計しているため無駄がなくスマート。オープン棚では「見せる収納」、扉付の棚では「隠す収納」を自在に使い分けられるのがメリットです。

天井まで無駄なく収納に

天井まで設置されたオープンシェルフが印象的なリビング。階段横のデッドスペースを有効活用できます。注目したいのは、その可動性。棚幅を変えることで書棚に、ワークスペースにと自在にアレンジできるフレキシブルさが魅力です。これだけ大容量の収納があれば、家族のあらゆるものがすっきり収まりそう。細々としたものを収納するボックスを組み合わせれば、隠す収納にも対応できます。

コンパクトなスペースを広々と使える

屋根の形状に合わせて傾斜のある勾配天井の勉強部屋。一見いびつに見える部屋でも収納を工夫することで、広々とした印象に仕上げることができます。コンパクトな空間を最大限有効に使うためには、省スペースが叶う造作棚の設置がおすすめです。壁面に設置されたオープン棚で、増える参考書や本もすっきり。隅々まで収納として使えるのは、造作棚ならではです。

小屋裏を活用して大容量収納を手に入れる

戸建住宅なら、屋根と天井の間にできる小屋裏を活用してみてはいかがでしょうか。居室としては使用できなくても、低めの棚を造作することで読書スペースに早変わり。シンプルなオープン棚なら、書棚としてはもちろん、衣類の収納や雑貨などの収納にも最適です。小屋裏にこれだけの収納があれば、居室にものが溢れず快適に過ごせるのではないでしょうか。

ただ、小屋裏に上るための梯子を用意するなどひと手間かかるため、足が遠のいてしまうことも。使用頻度の高いものを収納するのには向かないかもしれません。また、屋根に近いことで夏場は厳しい暑さとなるため長時間過ごせないというデメリットもあります。検討している方は、デメリットをふまえ専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
住まいをより快適にする「収納」。家族の生活スタイルに合わせた収納をじゅうぶんに備えていれば、自由に使えるスペースが増え、より居心地よい空間になることでしょう。リノベーションをするなら、ぜひこだわってみてください。お気に入りの家具や雑貨が際立つ、すっきりとした空間づくりが叶うはずです。

関連まめ知識

使い勝手の良い収納とは? 2016年12月19日投稿 住宅設計 使い勝手の良い収納とは?

関連Q&A

ライター/writer naomi