帰りたくなる、家がいい。~侮れません、外観の魅力!~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
人もそうだけど、外観ってやっぱり大事。

人も家も、外観には中身の魅力がにじみ出るものです。

決してはりぼてじゃない、しっかりとした芯をもつ外観は、人を魅了してやまないはず。

外観が良くて何が悪い?いや、悪いことなど1つもない。

今日は、思わずため息がもれるような魅力溢れる外観の特集です。

あなたの帰りを待つ灯り

空が夕焼けから夜に包まれる頃。
そのお家は家族の帰りを待つかのように、優しい灯りに包まれます。

優しくも明るいその光は、遠くからでも分かるほど。

仕事、部活の帰り道。この灯りが見えたらもう安心。心がほぐれて、自然と笑みがこぼれそうです。

芸術的な美しさ

真っ白な外壁に浮かび上がる間接照明。

あまりに美しい白の外壁は、ひょっとしたら大きなスクリーンとしても使えるのでは?と思うほど。

夕景になるにつれて、屋内と外観のコントラストが美しく浮かび上がります。

デッキでほっと、夕涼み

自宅がリゾート。もう一度言います。これはもはや、自宅がリゾートなのでは……。

ほっと一息つけて、少し現実逃避できる快楽空間をリゾートと言うのであれば。ここは間違いなく、リゾートに相応しい場所。

住人のみならず、外観を見て癒される、もしくは羨望の眼差しを向ける通りすがりの方も多いはず。

デッキにちょこんと置かれたチェアに腰をかけて、仕事帰りに飲むビール。一日の疲れを癒してくれる、極上の空間です。

シンボルツリーがお出迎え

清潔感溢れる白壁に写し出される、シンボルツリーの大きな影。実際のシンボルツリーと、大きな影は、家をどこか幻想的な雰囲気へといざないます。

間接照明の暖色と、柔らかく揺れる影。

「こんなにいい家を建てたんだ……。」と思いながら玄関の扉を開ける幸福感は、きっとなにものにも代えがたいはず。

上品な佇まいに一目惚れ

夕闇に佇むその姿は、上品さと気品に満ちています。

外の喧騒を感じぬように、道路側には大きな面を施しました。高級感とムーディさを更に高める、木材と間接照明の使い方が秀逸です。

1歩1歩、この特別なマイホームへ歩を進める度に、その日の疲れが溶けていきそう。

ほんの少し、優越感。

打ちっぱなしのコンクリート、植え込みのグリーン、木漏れ日のような間接照明。

「こんなカッコいい家に住むご家族って、どんな家族なんだろう……。」この外観を見た人は、きっと誰しもが思うこと。

そんな家に、颯爽と帰っていくあなた。想像するだけで、絵になります。

マイホームを建てるなら、自分好みの外観を。家を出る度、帰る度。その外観を見る度に、きっと幸せな気持ちになれるはず
魅力的な外観。それは、ただ表面だけが良いというわけではありません。色んな要素が組み合わさって、オリジナリティのある外観が生まれるのではないでしょうか。

例えばあなたは、朝、どんな家から出勤したくて、夜、どんな家の灯りに迎えられたいですか?今はぼぉっとしたイメージでも、そのイメージは必ずはっきりした光に変わるはず。

外観。決して、侮れません。

関連まめ知識

注文住宅と建売住宅の違い 2016年12月12日投稿 住宅設計 注文住宅と建売住宅の違い
快適な狭小住宅を建てるには? 2016年12月26日投稿 住宅設計 快適な狭小住宅を建てるには?

関連Q&A

2015年07月12日投稿 デザイン・設計手法 庇のデメリット・メリット (回答数9)
2016年08月17日投稿 デザイン・設計手法 家の設計について (回答数6)
2016年11月02日投稿 アフターメンテナンス 外壁や屋根の塗り替え (回答数4)
ライター/writer midori