光を取り込んで視線はカット。ガラスブロックを使った家

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
光を取り込みたいけれど外から丸見えになるのは嫌、壁で仕切ってしまうのは閉塞感がある…そんな悩みを解決してくれるのがガラスブロック。おしゃれで防犯性も高いガラスブロックは、プライバシーを守りながら光を通す壁としておすすめの素材。モダンにもクールにも、ナチュラルインテリアにもすんなり溶け込むところも魅力です。光を透過するガラスブロックを取り入れた家をご紹介します。

ガラスブロックの柔らかい光が回り込む部屋

1面の壁は、床から天井までガラスブロックを使用しているので、壁自体が発光しているかのような印象です。デザイン性の高いモダンな空間が出来上がりました。
2枚のガラスの間が中空になっているガラスブロックは、透過するときに光が屈折するため、窓から直接差し込む光よりもソフトな光が部屋全体に回り込みます。

透明感のあるあたたかい光に包まれたキューブ

まるで行燈のようなガラスブロックの家。夜になると、柔らかな光に包まれたキューブが浮かび上がります。
ガラスブロックの壁は明るさを取り込むことはできますが、窓のように開けることができないため通風の問題が出てきます。そこで、ガラスブロックの壁に通風を確保するためのルーバー窓を設置。視線を遮りながら光も風も同時に取り込むことができるようになっています。

住宅密集地で明るさとプライバシーを確保

プライバシーを守りながら室内を明るくしたいというときに取り入れたいガラスブロック。住宅密集地にあるこの集合住宅では、側面を緩やかにカーブするガラスブロックにして室内に光を取り込んでいます。ガラスブロック部分は、円形の階段室に面しており、各部屋に光を届ける役目を果たしています。
ガラスブロックには透光不透視や半透視など透視性の異なるさまざまなタイプがあるので、使用する場所に合わせて選びましょう。

清潔感たっぷりの光あふれる気持ちよいトイレ

壁面をガラスブロックに包まれた明るいトイレ。水色の壁と柔らかく光るガラスブロック、白い天井やドアで清潔感あふれる気持ちよい空間になっています。このような場所に使用するガラスブロックは視線を遮る不透視性のもの。フロストガラスを使っているため障子のような印象になり、トイレ全体に柔らかな光が広がります。

きらめく星のような光を落とす幻想的な空間

ガラスブロックは、光透過性の床材としても用いられます。階段室の天井にガラスブロックをはめ込んでトップライトとすることで、透過する光が床に落ち、きらきらと星が輝いているかのようです。照明をつけなくても足元を照らしてくれる天井からの光が安全性も確保。コンクリート打ち放しと黒い壁の無機質な階段室が、幻想的な光を楽しむ空間になっています。

モダンな印象の一味違うエントランス

デザイン性が高く、空間を仕切って視線を遮りながら光を取り込むことができるのがガラスブロックの最大の利点。
この住宅は、エントランスの片側の壁がガラスブロック。内部の光を外に、あるいは外部の光をガラスブロックで仕切られた空間に柔らかく拡散させることができ、モダンな白い建物のアクセントになっています。
壁としての役割を果たし、空間を仕切りながら光を通すのがガラスブロックの最大の特徴。ペアガラスのような構造であるため断熱性や遮音性があることや、窓を設置するよりも防犯性が高いというメリットもあります。カラーのガラスブロックをアクセントとして使用するのも楽しいものです。プライバシーを重視する場合は透光不透視性のガラスブロックを選びましょう。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer okunaga