狭さを感じさせない。狭小住宅を快適にするためのヒント

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
都市部に多い狭小住宅。土地だけを見ると、本当にこの敷地に家が建つの?と思うこともあるのではないでしょうか。近隣の住宅が密接している場合も多いため、どのような方法で採光し、いかに狭さを感じさせないようにするかが課題です。狭小住宅を快適にするためのヒントを集めてみました。

中央に配した透明感のある階段が階下に光を取り込む

敷地面積23坪の旗竿敷地に建つ狭小住宅。狭小住宅は建物の中央に階段をもってくることで、吹き抜けのような拡がりを感じさせることができます。
この住宅では、透明感のある鉄骨の階段とスチールグレーチングの段板により、トップライトの光が建物の下階に届くように工夫されています。都市部の狭小住宅では窓を自由に取ることが難しいことが多いため、上部からの採光が建物内部に光を取り込むための有効な解決策になるのです。

吹き抜けの役目も果たす、らせん階段がもたらす開放感

敷地面積30㎡弱、延床面積約43㎡の狭小住宅。しかし、住宅の内部はそんな狭さを感じさせない工夫であふれています。
リビングの一画にあるのはらせん階段。リビングの床面積に対するらせん階段部分の面積比を工夫することで、らせん階段が吹き抜けのような役割を果たし、開放感ある空間になっています。さらに、街路樹を借景とするピクチャーウィンドウが広さを感じさせます。
狭小住宅でも荷物の量は一般住宅と変わらないため、収納スペースもしっかり確保。らせん階段部分に大きな窓を設け、手すりの一部を取り外せるようにすることで、アップライトピアノを搬入できるようにしてあります。

光を通す素材で採光を工夫した機能的で美しい家

こちらも敷地面積15坪ながらスタイリッシュな住宅です。下階の寝室には最小限の窓だけを設け、上階リビングの床にガラスブロックを配することで採光を可能にしています。
部屋を広く見せるために、寝室と浴室・洗面所は透明なガラスで仕切り、狭さを感じさせない機能的で美しい空間になりました。屋上に設けた水盤を通した光が透明アクリル板を通り、下階のダイニングキッチンに揺らいだ光を落とします。

プライバシー度の異なる5層のスキップフロア

敷地面積46㎡、延床面積50㎡の狭小住宅。外から見ると2階建ての住宅ですが、スキップフロアになっているため、最下層から最上階まで全部で5フロア。狭さを感じさせず開放的で広々とした印象です。
上階ほどプライバシー度が高くなる設計になっており、自然の光がたっぷり入る最上階の浴室は、開け放すことで洗濯物干し場に早変わり。バルコニーなどを設けにくい狭小住宅では洗濯物を干す場所に悩みますが、それを見事解決しています。

採光とプライバシーを確保した狭小住宅

周りを建物や道路で囲まれた狭小住宅にとって、プライバシーを守りながらいかに住宅内部に光を取り込むかというのは大きな問題です。
こちらの住宅は、道路側の壁をスチールのカーテンウォールとして、すりガラスを使用しています。これにより、明るい光を取り込みながらプライバシーも守ることを実現。柔らかい光が建物内部に回り込む、明るく落ち着いた空間になりました。さらに、アウターリビングの役目を果たす中庭の吹き抜けにより、明るさと広さ、プライバシーを確保してしています。
敷地面積や近隣建物との兼ね合いなど、何かと制約の多い狭小住宅ですが、制約があるからこそ生まれるデザインもあります。それがかえってスタイリッシュでデザイン性の高い住宅や心地よい空間を生み出すことにもつながるようです。狭さを感じさせない工夫や明るさを取り入れるアイディアなど、ぜひ参考にしてみてください。

関連まめ知識

狭小住宅を広く見せるためのポイントは 2016年10月24日投稿 住宅設計 狭小住宅を広く見せるためのポイントは
快適な狭小住宅を建てるには? 2016年12月26日投稿 住宅設計 快適な狭小住宅を建てるには?

関連Q&A

ライター/writer okunaga