テレビを、かっこよく配置したい!

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今やテレビはどんどん薄く、スタイリッシュになって、生活感が薄れてきてはいますが、やっぱり、そこに無造作に置かれていると、ちょっと残念な気がする家電だなぁと、個人的には思うわけです。そこで、今回は、テレビをかっこよく配置している事例を集めてみました。少数意見かもしれませんが、テレビの配置を考えてみると、もっとかっこいい家になるかもしれません!ぜひ一度見てみてください!

見ないときは、隠す!

なるほど!存在自体を隠せば、そこから生活臭が一切しなくなりますね!リビングもちょっとしたギャラリーのようです。そして、テレビを見るために、扉を開けたとしても、その収納棚をデザインすることによって、空間全体がデザインされているので、気になりません。見る時も見ないときもかっこよく配置できる、こんなテレビボード、家のデザインと一緒に考えるからこそ出来ることですよね。

テレビの付属物もかっこよく配置

テレビは壁掛けでスッキリ配置しているのに、コードや、その他録画機器などが無造作に置かれていたら、ちょっと残念ですよね。そんな悩みを解決するのが、このかっこいい収納家具!
宙に浮いているかのようなスッキリとしたデザインですが、幅も結構あって収納力はたっぷりありそうです。ハードディスクや、その他の録画機器、周辺機器もすっきりでしょう

今日はスポーツバーで観戦?そんな気分でゆっくり自宅で楽しむ

キッチンの後ろになんとテレビが!どこかで見たような、、、そう!街によくあるスポーツバーみたいじゃないですか!もちろんちゃんとダイニングスペースはあるので、食事はゆっくりダイニングでとり、そのあと、お酒を片手に帰りの時間を気にすることもなく、スポーツ観戦が出来ます!

存在感がありながらもかっこよく配置する

ダイニングスペースから撮られた写真。2層分の吹き抜けを持つ、広々としたリビングの正面壁には、壁掛けテレビがスッキリと配置されています。テレビの他に何も配置されていないので、ある意味とても主張しているんですが、それが、配置のバランスや、壁の仕上げ、全体のデザインの中でとても計算されたカッコよさを感じます。ここまで生活臭のしないテレビって珍しいんじゃないでしょうか!
ある意味とても生活感が出てしまうテレビを、ここまでか!とスッキリと魅せている実例を見ていきました!クールに暮らすなら、やっぱりこれぐらい細部にこだわってトータルデザインをしたいものです。隠すというのも、ひとつの手ですし、やっぱり表に出しながら、かっこよく見せるというのは、より高度なデザインですし、それが成功していると、とてもかっこいいですね!

関連まめ知識

関連Q&A

2015年11月22日投稿 インテリア インテリアについて (回答数5)
ライター/writer amodanca