まるでモダンアート。シンプルを究めた外観5選

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
住み始めてからいくらでもアレンジできるインテリアと違い、外構部分はほとんどの場合が一生モノ。だからこそ個性も出したいしこだわりたい。だけどあまり装飾的な外観は好まない…
そこで極力凹凸を排除し、まるでモダンアートのように仕上げた住宅をご紹介します。

石像アートのようなスクエア住宅

窓を排し、ごつごつとしたテクスチャで仕上げた真四角の家。切り取られた玄関部分につく陰影は、異空間への入り口のよう。彩度を抑えた一枚板のようなお家は、存在感がありますね。気になる採光は中庭から取り入れています。道路に面していない分、思い切って大開口の一面窓にすることもできるので、住宅密集地におすすめの間取りでもあります。

自然にとけこむ立体アートのような家

こちらは斜めに切り取られた敷地を生かし、前後の奥行きで遊んだお宅です。前に張り出した部分をただそのままにするのではなく、アプローチを兼ねる外壁をわざと大きくとり、木々の中にひっそりと建つ平家に躍動感を与えています。こちらも道路部分には窓を作らず、緑豊かな敷地の奥側に開放的なウッドデッキ付きの開口部を集約し、広々とした別荘に仕上げています。

圧倒的な広がりを感じさせる白一面の家

一面の白が、何物にもけがされないような孤高の存在感を与える無機質なアート住宅。近寄りがたい雰囲気の中に、ぬくもりのあるウッドベースの素材を取り入れてバランスを取っています。外構のコンクリート、砂利も白で統一し、天地に広がりを持たせて。
イメージを統一した屋内も、白をベースにスタイリッシュさと明るさが同居し、さわやかさを感じさせる住宅です。

オフィス兼用なら未来感をプラス

オフィスと住宅を兼ねる建物なら、オフィススペースや共用部分のスリットから漏れ出る照明光を生かして近未来的な外観などいかがでしょう。企業の将来性も明るいものであるイメージが出ますし、働く人や住む人のテンションも上がりそうです。
屋内も常に明るく、また刻々と変わる太陽の位置がスリットから差し込む光で意識されるので時間の感覚が肌で感じられ、能率もアップします。

黒紺×白 落ち着きと先進性を放つ平屋

青みがかったダークな外壁を鮮やかに切り取った、白い玄関がまぶしい住宅。外構部のコンクリートと砂利が適度にコントラストを中和しています。中庭を取り囲むような間取りで採光も確保。そもそも、白い漆喰壁と鉄製の黒い扉、黒い瓦屋根という組み合わせは日本の伝統的な町並みの色と言えますので、このような色の組み合わせは現代の日本の町並みにも溶け込みやすいですね。漆喰仕上げ風の黒壁で、迫力がありながらも懐かしさや柔らかさのある外観に仕上がっています。
いかがでしたか?
平面的な外観を作るコツは、中庭や裏庭を作り採光をそちらへ固めてしまうところにあるようですね。
地域によっては景観保護区に指定されており、あまりにコントラストの激しい塗装や現代的すぎる外観が規制されることもあります。どのような方法なら理想の住宅デザインが叶えられるのか、新築、改築の前に建築家さんとしっかり相談してアイデアを磨き上げて行ってください!

関連まめ知識

関連Q&A

2016年10月20日投稿 デザイン・設計手法 外壁材 (回答数1)
2016年11月02日投稿 アフターメンテナンス 外壁や屋根の塗り替え (回答数4)
ライター/writer little-maya