加藤將己/株・将建築設計事務所

  • 11805
このエントリーをはてなブックマークに追加

<建主さんへのメッセージ> ●大切な住まいづくりです。せっかくですから楽しんでの住まいづくりがいいですね。充分な価値観をもって、歓びと誇りのもてる住まいの実現です。 住まい手の人となりの表れる、こだわりの住まい、あなただけのオリジナルの 住まい「外の顔・内の顔」の創出です。光の扱いも大事ですね。「昼の顔、 夜の顔」そんなお手伝いが私の仕事です。40余年のキャリアと技術力で柔軟で 熱意をもってまとめます。特に予算計画には心配りをしています。 私の仕事ぶりは HP/現場だよりNow!/王禅寺の家のできるまで/建築主の生の声 http://www.shoarch.com/tayori/ty-index.html をご覧ください。 ●気になるまとめかた:人が集まれる「現代版イロリ」の多目的ジャイアント テーブルのある住まい、ガラスブロックの光の壁のある住まい、20数年来の 安全なオール電化住宅などなど。スペックには表れない心地よい住まいづくりです

この建築家・設計事務所の基本情報

所在地 東京都新宿区高田馬場1−31−8−618
ホームページ http://www.shoarch.com
対応可能な工事費
(坪単価)の目安
-
設計料の目安 予算が厳しいほど設計のマンパワーと密度を必要とします。おおむね工事費の10〜15%といったところです。(構造設計料、設備設計料別途)
設計相談の進め方 ●設計の進め方 

まずお会いします。E-mailも便利なツールですが、あくまでface to faceを基本

としています。ましてや設計上の事は相対してのお話し合いが原則です。



住宅であれば、どのような住まい方をしたいのか、何にこだわり、どのように

過ごされたいのか「計画リスト」なる5枚づづりのアンケートにお答えいただき

ながらヒアリングをもとに計画案を複数案提示いたします。



それをもとに、あーでもない、こーでもないとお話し合いをしながら方針を詰め

イメージをまとめ基本設計をまとめます。



より具体的なデザイン的考察、技術的な詰めをまとめ、予算計画にもとづいた

目途予算に合う実施設計図をまとめます。時に辛口のお話をすることもあります。

予算オーバーしては全くの「絵に描いた餅」でしかありません。

全体バランスを読み、価値観をもったクライアントの説得を含め、予算コントロールも

大事な技術力なのです。



こだわりの集大成の設計図にもとづき建設会社・工務店に見積依頼をします。



提出された見積書を入念にチェック、査定をいたします。



その上でクライアントと協議の上、工事業者の選定、工事契約となり工事着工の

手はずとなります。



工事が着工しますと大事な基礎まわりの確認、原則として毎週の現場での定例

打合せをもとに設計図通り工事が進んでいるか、チェック・検査、進捗をにらみ

ながら現場を監理していきます。合わせて各仕上げ材の選定を

いたし色彩計画をまとめます。



いよいよのお引き渡しとなります。

なによりその後のお付き合いの方が永いのです。



竣工後、半年、1年後の検査をいたします。

この建築家・設計事務所の作品一覧

教えて!建築家・設計事務所への回答一覧

2016年09月20日 update! 回答あり

建築の専門家のみなさんなら・・・

デザイン・設計手法

2016年07月20日 update! 回答あり

キッチンのプランについて

住宅設備

2015年06月16日 update! 回答あり

間取り図(?)について

デザイン・設計手法

2015年03月15日 update! 回答あり

床暖房について、

住宅設備

2014年10月12日 update! 回答あり

三軒の家

新築

加藤將己/株・将建築設計事務所

加藤將己/株・将建築設計事務所

この建築家・設計事務所へのお問合せ